音楽教室ドラム教室レッスンノート 8ビートで叩けるテンポを上げていく練習

8ビートで叩けるテンポを上げていく練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のレッスンでは、8ビートのテンポを上げて「下弦の月」のテンポに近づける練習を行いました。
寒くなってきているので入念にアップを行い、上半身を柔らかくした上で練習を始めました。

テンポを上げる練習はメトロノームを使ってじっくりと行うと良いです。
今回は最初に右手で8分音符をしっかりと刻めるようにし、それに左手を付けて上半身の動きを確認し、それからバスドラムを足すといったように段階を踏んで行っています。
無理に速くしようとして変な癖が付くとよくないので、しっかりと動きを確認しながら行っていきましょう。

また何回も繰り返すことによって頭に動きが刷り込まれていくので、どんどん意識を向けずに叩けるようにもなってきます。
今回で一旦「下弦の月」はお休みになりますが、レッスンで行わない期間でも曲を聴いてフレーズを確認してみて下さい!
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

大橋のドラム教室
大橋諒一 (ドラム)

野洲・守山・京都・三条・河原町/四条・三井寺・烏丸

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta