サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題のチェックと新たなテクニック

課題のチェックと新たなテクニック

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

前回のレッスンで練習した課題のチェックをさせて頂きました。

まず、ドラム椅子に座った時に、ハイハット側に向いてしまわないように注意して下さい。予めライド・シンバル側を向けるように座っておくと、フロアタムなども楽に叩けます。

タイコの移動は問題無さそうですね…良い感じで叩けています。次にどのタイコを叩くのかによって腕の振り幅を変えていかないといけません。スネアは大きく叩き過ぎないように注意して下さい。タム類を大きく鳴らせるようにしていきましょう。

左足を動かす事が、まだ上手くいかないようですね。意識して取り組めば絶対に動かせるようになります。演奏中にご自身の膝の動きを見てあげるようにすると良いでしょう。足首を柔らかく動かせるように頑張って下さい。

新たに「ダウン・ストローク」の練習を始めました。左手のバックビートの出音がシャープになる…など効果を発揮してくれますので、確実にマスターして下さい。大事なのは、スティックを握り込み、打面近くでスティックを止める事です。
両手共に、じっくりと一打ずつ練習して下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

今回も十六分音符のフレーズの練習でした。 プリントの右ページに進み、拍毎に音の型が変わっていくのに対応していきます。 まずは、リズムパターンを二小節…右手はライド・シンバルを刻み左手はバックビートを、両足はシンプルで良いのでリズムをキープさせます。 このパターンの後に、課題の二小節を...

今回も十六分音符のフレーズの練習をしていきました。 フレーズ自体には大分慣れてきたと感じたので、今回は「フレーズを演奏する拍数を変化させていく」という練習をしてみました。 リズムパターンを一小節、その次の小節にフレーズを演奏します。この二小節を「一つのまとまり」として繰り返します。そし...

今回も十六分音符のフレーズの練習を進めていきました。 前回のおさらいで、リズムパターン二小節と課題に小節を繋げて演奏してもらいました。 レッスンの時に説明させて頂いた「BPM」のことも改めて書き記しておきます。 「BPM」とは『Beat Par Minutes(ビート・パー・ミニッツ...

三連符を使ったリズムパターンの練習を進めていきました。 今回は、主に右手でのハイハットの刻み方の練習に時間を割きました。右手の刻み方を「三連符の中抜き」にしていきました。 この刻み方には、多少の慣れが必要かも知れません。ですが、三連符を練習していく上では大事な練習ですので、頑張って習得...

今回も十六分音符のフレーズを練習していきました。 おさらいとして、プリントの一番から三番までを繋げて演奏してもらいました。メトロノームをbpm78から85までのテンポで鳴らして、それに合わせてもらいました。 楽器の移動も含めて、三種類のフレーズにはだいぶ慣れてきたのではないでしょうか。...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta