サイタ音楽教室ドラム教室 東京 YOU先生のドラムレッスン レッスンノート 8ビート確認、基本となる3つのストローク、アップダウン奏法

8ビート確認、基本となる3つのストローク、アップダウン奏法

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

11/4
・8ビートの奏法確認
クリックと合わせて演奏してみました。
ズレずに正しく演奏することができました。

・基本となる3つのストローク
シングル、ダブル、パラディドルにチャレンジ
後半は下半身でリズムキープをしながら叩いてみました。
ひとまずクリアできました。

・シングルストロークのフォーム改善
ある程度速度が乗ってきたら手首中心のストロークに切り替えます。
片手でだとできることが両手になるとできなくなることがあります。
これは両手で交互に叩く練習を積み重ねることで自然と改善していくので
片手ずつ→両手
という切り替え練習を数多くやっておいてください。

・アップダウン奏法
ダウンショットの後のスティックを止める位置(高さ3cm)
アップの時の手首の形、スティックの先端で打つこと
手首をあげる方向(ほぼ真上)
ダウンショットの前に手首を返してからビュンと振る
こういった一連のチェックポイントをしっかり守りながら練習していきましょう。

グリップは非常にリラックスしていて良いグリップです。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

新着レッスンノート

11/16 ・R・RLパターンを久しぶりに練習しました。 もうちょっと精度を上げたいところですね。 パターン自体は叩けていますが持続力がほしいです。 ・自由演奏 曲を聴いて自由に演奏する練習です。 自分なりにパターンを考えたり、フィルインを考えたりして叩けていたと思います。 ...

10/19 ・両手刻みの16ビート バスドラム2発パターン メトロノームに合わせて立たけるようになりました! ハイハットの音量を小さく叩く スピードアップ が課題です。 ・ハイハットのアップダウン アップダウンの動作をキープしながら曲に合わせて叩いてみました 大きな乱れも...

9/10 ・両手刻みの16ビート 普通に叩くと叩けるのにメトロノームと一緒だと叩けなくなってしまうようです。 まずはメトロノーム無しの練習をやってパターンを体にしっかりと入れて、それからメトロノームありでやってみてください。 ハイハットを叩く際の注意点が2つ。 左右のバラつきがあ...

8/20 ・基礎ストローク (1)R・RL 久しぶりにR・RLを練習しましたけれど、ちょっと精度が落ちていました。 常に家で練習しておいてくださいね。 (2)R・RLとRLRL組み合わせ フレーズが変わっても右手の動きはまったく変わりません。 右手をガイドにして左手を変化させ...

8/13 ・ハイハットの強弱 スティックの高さで音の強弱をコントロールします。 まだ強のところで強く叩きすぎているので、気をつけましょう。 ハイハットの強弱をキープしながらバスドラムやスネアを加えると難しいですよね。   まずはハイハットだけで完全に無意識の状態でも強弱をつけて...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta