サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 個人練習のやり方と8ビート(体験レッスン)

個人練習のやり方と8ビート(体験レッスン)

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はドラムの一歩目として
・自己紹介
・拍子記号の説明
・チェンジアップ
・8ビート
を行いました。

拍子記号には約束があって、一小節の中に分母の数字の音符が分子の数字の個数入りますよという意味になります。
4/4拍子だと、一小節の中に四分音符(分母の数字の音符)が4個(分子の数字の個数)入りますという意味になりますので覚えておくと楽に演奏できます。

手を素早く動かすのには脱力しなければなりません。
手を縦に脱力して振るためには脇をある程度開かなければ振れませんので、フォームは五角形を意識しましょう。

チェンジアップは四分音符→八分音符→三連符→16分音符と二小節ごとに変わっていく練習です。
慣れて来たら足を付けてやってみましょう。
右足のベードラはつま先(ヒールダウン奏法)、左足のハイハットはカカトとつま先を交互に四分音符を踏みましょう。

8ビートは皆さんドラムは手と足がバラバラに動いていると思いがちですが、意外と一緒に動いているパーツが多いです。
ゆっくりでよいのでどことどこが一緒に動いているかを確認しつつ、「ドッ、チッ、タッ、チッ」と声を出しながら間違えないように練習しましょう。
間違えると間違える為の練習を一回してしまうことになり、マイナス1になってしまいます。
取り返す為にはプラス1の練習を二回しないといけなくなり遠回りになります。
プラスの練習を続けて余裕の貯金生活を送りましょう!イメージが重要ですのでイメージを膨らませましょう。
ゆっくりなテンポで練習を始めるのが上達への近道となりますので、絶対に間違えないテンポで練習しましょうね。

今日はお疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

でんぱ組.inc「ギラメタスでんぱスターズ」イントロ〜サビまでを行いました。 キックのダブルは爪先に力を入れるのでは無く、指の付け根の拇指球(ぼしきゅう)辺りに体重を乗せるようにしましょう。 二打目は前に蹴るのではなく、そのまま体重を下に落とすように踏みましょう。 ...

・スティック回し ・でんぱ組.inc「ギラメタスでんぱスターズ」の練習 を行いました。 スティック回しはある程度スティックが回せるようになったら演奏しながら練習しましょう。 回すタイミングが重要になりますので、グルーヴ(リズム)に乗って回せるように練習しましょう。 でんぱ組....

・スティック回し ・ダンスビートの練習 を行いました。 スティック回しは、スティックを単体で回す練習を行いましょう。 成功する確率が高くなったら、次は演奏中に回す練習に移りましょう。 カウントを数えて、どのタイミングが一番回しやすいかを研究してみましょう。 ダンスビートは、...

・スティック回し ・16分音符 ・スティック回しをしながらのドラミング を行いました。 スティック回しはひたすらスティックを触って練習しましょう。 動画を見ながら研究するとイメージもついて上達が早くなります。 左手を動かし、カウントを数えながら練習するとスティックを離すタイミン...

今日は、 ・キックのダブル ・かいりきベアさん「ベノム」 を行いました。 キックのダブルはいい感じに進んでいます。 手の16分音符が疲れて来たときはクラッシュシンバルを叩いたり、フィルインを入れましょう。 万能フィルの「タカドン」を上手く使いましょう。 足のタイミングが掴めて...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta