サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 初回レッスン!

初回レッスン!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回が初回レッスンとなりますので、スティックの握り方やイスへの座り方(座る向きも注意)、セッティングに関して説明をさせて頂きました。

スティックの「バランス・ポイント」を探る説明をさせて頂きました。これによってスティックのモデルが変わっても、スティックの何処を支点にすれば良いかが分かってもらえたと思います。

イスへの座り方は、あまり気にされない方が多いのですが、座る向きがとても重要です。
左手側のクラッシュ・シンバルの方ばかりに向いてしまうと、タム移動の際などに身体の捻れが大きくなってしまいます。
イスに座った時点で右手側のクラッシュ・シンバルかミッド・タム辺りの方角を向いておくと捻れが少なくすみます。

レッスン後半は、身体の力を抜いて演奏することについてアドバイスをさせて頂きました。
特に腕の動かし方は、今まで練習されてきたのとは違う動きかも知れませんので、まずは「肘から動かす」というイメージを常に頭に置いておくことが大事です。

もうひとつ、「スティックを放り投げる」感覚も覚えておいて下さい。打面をめがけてスティックを振るというよりかは、ボトム側のヘッドを叩くように腕を振り抜いていけると、フロアタムのような張力の弱い楽器でもリバウンドも得られやすくなります。

まずはシンプルなリズムパターンで構いませんので、脱力した演奏を常に頭に置いて練習するようにして下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

今回も十六分音符のフレーズの練習でした。 プリントの右ページに進み、拍毎に音の型が変わっていくのに対応していきます。 まずは、リズムパターンを二小節…右手はライド・シンバルを刻み左手はバックビートを、両足はシンプルで良いのでリズムをキープさせます。 このパターンの後に、課題の二小節を...

今回も十六分音符のフレーズの練習をしていきました。 フレーズ自体には大分慣れてきたと感じたので、今回は「フレーズを演奏する拍数を変化させていく」という練習をしてみました。 リズムパターンを一小節、その次の小節にフレーズを演奏します。この二小節を「一つのまとまり」として繰り返します。そし...

今回も十六分音符のフレーズの練習を進めていきました。 前回のおさらいで、リズムパターン二小節と課題に小節を繋げて演奏してもらいました。 レッスンの時に説明させて頂いた「BPM」のことも改めて書き記しておきます。 「BPM」とは『Beat Par Minutes(ビート・パー・ミニッツ...

三連符を使ったリズムパターンの練習を進めていきました。 今回は、主に右手でのハイハットの刻み方の練習に時間を割きました。右手の刻み方を「三連符の中抜き」にしていきました。 この刻み方には、多少の慣れが必要かも知れません。ですが、三連符を練習していく上では大事な練習ですので、頑張って習得...

今回も十六分音符のフレーズを練習していきました。 おさらいとして、プリントの一番から三番までを繋げて演奏してもらいました。メトロノームをbpm78から85までのテンポで鳴らして、それに合わせてもらいました。 楽器の移動も含めて、三種類のフレーズにはだいぶ慣れてきたのではないでしょうか。...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta