サイタ音楽教室ドラム教室 東京 YOU先生のドラムレッスン レッスンノート ウォーミングアップ、基礎ストロークチェック、バスドラム踏み方チェック、曲演奏など

ウォーミングアップ、基礎ストロークチェック、バスドラム踏み方チェック、曲演奏など

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

7/22
・ウォーミングアップ
アニカ・ナイルスのウォーミングアップパターンを練習しました。
あくまでウォーミングアップなので(クリックに合わせるのももちろんいいですが)曲に合わせてすこし楽しい感じで取り組んでOKです。
とはいえ右手(左手)の4連打と両手での連打の時に打ち方が変わらないように気をつけてください。

・グリップについて
連打の時と打ち終わりの時でグリップは変わります。
ある程度できていますが、打ち終わりの時のスティックの先端の高さにまで気を配ってください。

・ダブルストローク
2打目にアクセントを付ける練習をしました。
1打目は腕の動きの中で打ちます。「その音を打つ」というより動作の中で自然に「鳴ってしまった」というニュアンスです。
2打目は手首を返してアクセントのショットを打ちます。手首はすぐに返さずにできるだけ粘ってから返すようにします。
この動きはハイハットのアップダウンにそのまま応用できるのでリズムパターンを叩く時も活用してみてください。

・バスドラム
踏む前にカカトをしっかり上げて(ビーターはヘッドにくっついた状態)から踏みます。
この状態が作れると腿の筋肉を使わなくなるのでとても楽に音量を出せるようになります。
今回は非常に良い音でバスドラムが鳴っていました。

・曲演奏
フィルインはひとまず置いておいてパターンはまずまずよく叩けています。
バスドラムがしっかり鳴るようになるとさらに良くなります。
まずは全体が気持ちよくグルーヴしてオケに合っていることを優先してください。
ソロとかは後回しで全然だいじょうぶです。
このレッスンノートを書いたコーチ

プロ歴24年、影山ヒロノブほかサポート多数!弱点克服の指導に定評あり

新着レッスンノート

1/10 ・シングルストロークのチェンジアップ 細かい音符になると左手が「腕叩き(手首が使えていない状態)」になってしまいます。 手を動かすのではなく、スティックを効率よく動かすことを意識して叩いてみてください。 ・曲演奏解説 課題曲のDメロ部分のフレーズの解説を実演を交えてやり...

12/27 ・基礎ストローク 3種類を20セットずつ ・オープンリムショット パラディドルのアクセント付きで練習 ・アップダウン奏法 前回よりもかなりよくなってきています。 ・足のダブル しばらく踏んでいると疲れるとのことですが、基本的な動きは悪くありません。力みを...

12/25 ・3拍フレーズ 下半身で4分音符(2分音符)を踏みながら、上半身で16分音符の3拍フレーズを叩く練習。 しっかりとできていました。 ・曲演奏 2番終わりまではまずまず良く叩けています。 リズム・パターン、フィルインなどもほぼOK。   今回はその先のDメロ部分を...

12/13 ・セッティングの解説 大切なことなので頭に叩き込んでおいてください。 きちんとしたセッティングを5分で仕上げるのが目標です。 乱れたセッティングは上達の妨げになります。 ・リズム演奏 曲に合わせて8ビートの演奏をフィルインありでやりました。 非常によくできていまし...

12/13 ・3拍フレーズ 16分音符の3つ割フレーズを叩きながら、下半身でリズムキープ。 そのうえで口でカウントする練習。 とりあえず1小節単位で区切って練習。 まだ完成までは若干時間がかかりそうなのでじっくり取り組んでいきましょう。 ・曲演奏 2コーラス終わりまでやりまし...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta