サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習

課題曲の練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

今回は曲中に出てくるフレーズを中心に練習を進めました。
十六分音符を使ったフレーズなので、まずはオルタネート(右左交互)の手順でキチンと音を出していく練習をしました。
ポイントとして、右手は今まで同様八分音符を刻んでいる点を意識することを挙げさせてもらいました。そして、左右のスティックの振り幅を揃えることも重要です。

曲中のフレーズはタムを叩いていますが、手向け回しをする時に腕が伸びきってしまわないように気を付けましょう。
またスティックを打面に押しつけないようにして下さい。

譜面通りに八分音符と十六分音符を組み合わせたフレーズを演奏してもらいましたが、大事なのはフレーズの出来を一回ずつ自分で確認していくことです。ただ何回も繰り返していては時間ばかり掛かってしまいます。各手足はキチンと動いていたか、出音はしっかりと出ていたか、またぴったりと重なっていたかなど、気にしなくてはいけないことは沢山あります。

何回も繰り返していけば練習しているフレーズは覚えられるはずですので、覚えてしまったら譜面は見ることありません。自分の手足、次に叩く楽器に視点を向けてみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

今回も十六分音符のフレーズの練習でした。 プリントの右ページに進み、拍毎に音の型が変わっていくのに対応していきます。 まずは、リズムパターンを二小節…右手はライド・シンバルを刻み左手はバックビートを、両足はシンプルで良いのでリズムをキープさせます。 このパターンの後に、課題の二小節を...

今回も十六分音符のフレーズの練習をしていきました。 フレーズ自体には大分慣れてきたと感じたので、今回は「フレーズを演奏する拍数を変化させていく」という練習をしてみました。 リズムパターンを一小節、その次の小節にフレーズを演奏します。この二小節を「一つのまとまり」として繰り返します。そし...

今回も十六分音符のフレーズの練習を進めていきました。 前回のおさらいで、リズムパターン二小節と課題に小節を繋げて演奏してもらいました。 レッスンの時に説明させて頂いた「BPM」のことも改めて書き記しておきます。 「BPM」とは『Beat Par Minutes(ビート・パー・ミニッツ...

三連符を使ったリズムパターンの練習を進めていきました。 今回は、主に右手でのハイハットの刻み方の練習に時間を割きました。右手の刻み方を「三連符の中抜き」にしていきました。 この刻み方には、多少の慣れが必要かも知れません。ですが、三連符を練習していく上では大事な練習ですので、頑張って習得...

今回も十六分音符のフレーズを練習していきました。 おさらいとして、プリントの一番から三番までを繋げて演奏してもらいました。メトロノームをbpm78から85までのテンポで鳴らして、それに合わせてもらいました。 楽器の移動も含めて、三種類のフレーズにはだいぶ慣れてきたのではないでしょうか。...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta