サイタ音楽教室ドラム教室 大阪 スマイルドラム教室 レッスンノート 手の使い方

手の使い方

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は、
『手の使い方』について色々とやりました!

先ずスティックの持ち方ですが、
手の中で動いてしまうのは、仕方がないので、
大幅に動かなければ大体大丈夫ですよ!
それよりも、
「握り込んでしまったり、力が入ってしまう」方が良くないので、リラックスして、【支点】を大切に持ってあげて下さいね!


次に、
【スタートポジション】ですが、
これが一番大切です!
スネアのヘッド(叩く皮)から、1〜5㎝程度離した位置です。
叩いた後は、必ずと言っていい程、
【スタートポジションに戻る】クセをつけていってくださいね!


肘の使い方ですが、
『広げる→閉じる』の動きです!
広げた後、閉じようとする時にスティックを振り上げる。
閉じきった時に叩く!
のイメージです!
繰り返しやってみてくださいね!

あとは、
ダウン、アップストロークもご説明しましたが、
次回にもっと詳しくやって行こうと思いますね!
このレッスンノートを書いたコーチ

年100本のライブに出演。心地良いドラムを学びたいならこの先生!

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta