サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回の体験レッスンは、事前にご要望を頂いた曲を確認するという形で行いました。
レッスンの流れは以下の通りになります。
①アップ+フォームの確認
②曲の確認
③ドラムに関して質問がある箇所の受け答え

①ではドラムの経験が1年程とのことでしたのでフォームの確認を行いました。
腕・手首・指共に上手く使えていたので特に修正する箇所はなく、10分ほどでアップを終えました。

②の行程では1コーラスを可能な限り確認することを目標に始めました。
ピアノを長くやっていたとのことで譜面に関する説明は特に要らず、フレーズの確認と良く演奏するコツを話しながら30分ほどで1コーラスの確認を行えました。
ドラムでは切る所でしっかりと切ること・音量差をつけて曲に抑揚を持たせることが大事なので、今回お伝えしたことを意識しながらやってみてください。

②が予定よりも早く終わったため、残り時間はドラムに関して抱いている質問をしてもらい、それに答えるという形で使いました。
足元に関して・右腕に関しての質問がありましたのでその2点について解説を行いました。
足元の速いものに関しては「ダブル」、腕の速いものに関しては「アップダウン」と調べると出ると思いますので、なにかわからないことがあればネットの方も活用してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta