サイタ音楽教室ドラム教室 埼玉 大輔のドラムスクール レッスンノート 北朝霞アベル2でのドラムレッスン

北朝霞アベル2でのドラムレッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

●セッティング
動かす箇所、膝、足首、腕、手首が窮屈にならないように自分なりに叩きやすいと思うセッティングを探していきましょう。
今日教えたものは、あくまで参考程度にしてくださいね。

●片手ずつシングルストローク
音の大きさは考えずに脱力して自分の意志で丁寧に叩きましょう。
手首だけを動かして片手8発ずつ叩きましょう。
脱力と手首だけ動かすことをきちんと意識しましょう。

●ペダルの踏み方
太ももを持ち上げて踏むのではなく、足首で小ジャンプしてペダルを踏みます。
踏まない時は踏んだままにしてビーターをバスドラに付けたままにしましょう。
大きな音を出す為のポイントは、バネを最大限利用してビーターを大きく返して踏む事です。
踏んだ時に足首で押し込んであげると更に大きな音が出せるようになります。

●バスドラのダブル(スライド奏法)
ペダルの手前の方を踏んで1発目を鳴らし、奥に滑らせて2発目を鳴らします。
足首でトントンと踏むのが理想です。
その時にバネの反動を利用してペダルを踏みます。
シングルで踏む時でも、太ももから足を持ち上げるのではなく、足首で縄跳びを飛ぶような感じで踏みましょう。

初めは早く踏めなくても、慣れれば早く踏むことが可能になりますので、ゆっくり踏むことから始めて、焦らずに足首の感覚とバネの感覚を覚えていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

エルレやホルモンとも共演!上達するプロセスを一緒に楽しみながらレッスン

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta