サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 8ビートと曲に入る直前のフィルイン。

8ビートと曲に入る直前のフィルイン。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

8ビートの復習と新しいフィルインを行いました。

8ビートは徐々に上手くなってきていますのでその調子で頑張りましょう。
小節数を数えるのにも大分慣れてきましたので、次はリハーサルマークを覚えて曲の大きな流れをつかみましょう。

新しいフィルインは、曲に入る直前に入れるとカッコイイので是非試してみてください。
フィルインのバリエーションを増やすためにはいろんな音形を叩けるようになることが一番の早道なので、たくさんの音形を覚えていきましょう。

お疲れ様でした( ´ ▽ ` )ノ
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日は裏リズムの取り方と、4Way independenceの練習を行いました。 裏のリズムは音が聞こえませんので意識しにくいのですが、そこにも必ずリズムが流れていますので、今回はわかりやすくする為に、ハイハットを叩く上にスティックを置いてみました。 そうやって振り上げ時に音を出すこと...

今日は8ビートの基本練習を行いました。 スティックにはバランスポイントがあります。 前を持ち過ぎたり後ろを持ち過ぎたりしないようにしましょう。 グリップエンドから4分の1ぐらいのところに大体バランスポイントは存在しますので、その辺りを中心になる持つようにしましょう。 最も重要な...

DragonAsh「fantasista」のリズムパターン練習を行いました。 スネアが2、4拍に一定に入らないスリップビートなので、まずはそれに慣れましょう。 ゆっくりなテンポでよいので最低でもAメロ x 2回の16回は連続して成功出来るように練習しましょう。 出来るようになったら徐々に...

キックのダブルの練習を行いました。 ハイハットがキックのダブルにつられる事があるので、ハイハットとキックだけの練習をいたしました。 どうしてもダブルの所だけ力んでしまいがちなので、どんな場所でキックを踏んでも上半身がブレない練習をしましょう。 ダブルを踏む時の特に一発目のビーターの返り具...

今日は ・自己紹介 ・4/4拍子の説明 ・8ビート を行いました。 拍子記号には約束があって、一小節の中に分母の数字の音符が分子の数字の個数入りますよという意味になります。 4/4拍子だと、一小節の中に四分音符(分母の数字の音符)が4個(分子の数字の個数)入りますという意味にな...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta