サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 8ビートとフィルイン。

8ビートとフィルイン。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は8ビートとフィルインを行いました。
8ビートはボリュームが、

ベードラ > スネア > ハイハット

のバランスになるように気を付けましょう。
ハイハットがリズムが取りやすいので一番大きくなりがちなのですが、ハイハットが大きくダイナミクスもないと打ち込みのようなグルーヴになってしまいます。
ベードラとスネアでまずはグルーヴを作ってそれにハイハットを乗せるようにしましょう。

フィルインをする時もカウントは数えながら演奏出来るようになりましょう。
カウントを数えるだけでもはしったりもたったりする割合が減ります。
特に16分音符でタムを回す時は走りがちなので気を付けましょう。

タカドンはどんなジャンルにでも合う万能フィルなんで上手く使って行きましょう。
フィルインは音形と音色があるのではじめのうちは分けて考えて、音形をしっかりと確認し、それにセンスで音色を当てはめて行きましょう。

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日はLAMP IN TERREN 「pellucid」 のパターン+フィルイン練習を行いました。 ほとんどの曲は四小節を基準に構成されていますので、四小節の感覚を少しずつで良いので身に付けていきましょう。 その前にパターンを体に馴染ませないといけないので、まずは曲に合わせて口でドラムパタ...

今日は米津玄師の「ピースサイン」のイントロ練習を行いました。 スネアとキックの位置がラテンのバイヨンと一緒のリズムパターンになるのでかなりトリッキーなフレーズと言えます。 まずはゆっくり手順やフレーズを覚えて、体に完全に馴染んでからスピードアップをはかりましょう。 振りを大きくしてしまう...

今日は前回までの復習と8ビートのリズムパターンにシンバルとフィルインを加えました。 三連符はトマトを言いながら叩いているのですが、慣れてきたら周りの音をよく聞くようにいたしましょう。 今はメトロノームですが、将来的には音源やバンドメンバーと合わせることになります。 そうなると自分の事...

今日は久々ドラムでしたので思い出しと、キックのダブル、ツインペダルのテンポ練習を行いました。 流石に長い間練習した甲斐あって、「X.Y.Z.→Aのテーマ」はかなり覚えてましたね(笑) よかった! キックのダブルは足首や足首より先で完結しようとさせていますので、もっと大きなパーツ、...

今日はゴーストノート入りの8ビートを行いました。 基本のビートは、 ドッチッタッチッ、ドッドッタッチッ なんですが、後半が変化して、 ドタドッタッチッ となったドタドッの「タ」のスネアの音がゴーストノートと呼ばれる音となります。 練習の仕方としては、ハイハットとスネアがバッ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta