サイタ音楽教室ドラム教室 京都 大橋のドラム教室 レッスンノート ドラム体験!

ドラム体験!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回の体験レッスンでは、スティックの振り方を学んでドラムを叩く体験をして頂きました。
小さなお子様ということで、ドラムを叩く際にはセットから切り離して座りやすい椅子の近くに持って来て叩くといった対処法を取っています。

まずスティックの持ち方の確認を行いました。
①スティックを3等分した際の3分の1の位置を親指と人差し指でつまむ
②残りの指をスティックに沿える
この持ち方ですと力むことなく持てるので、基本はこの持ち方を意識してください。

次にスティックの構え方を確認しました。
今回は私の方で用意した練習パッドの真ん中を狙って構えてもらい、しっかりと構えることが出来ていたと思います。

構え方等が終わった後にスティックを振る練習をしてみました。
体にあまり負担がかからないように左右ゆっくりと1発ずつ叩くところから始め、左右一緒に叩いたり、交互に少し早めて叩いてみたりと行いました。
時間が経つにつれ、思い切りよく叩けるようになっていたのでよかったと思います!


スティックの振り方について終わった後にドラムを叩き始めました。
まずドラムに使われている太鼓を1つずつ叩き、ドラムの音を聴いて頂きました。
順番としてはスネアドラム→ハイハット→フロアタム→シンバルといった順番です。
そして1つずつ叩けた後に組み合わせて実際のドラムに近い動きを体験しました。
スネア+ハイハット・スネア+フロアタム・スネア+シンバルといったように行い、スティックの構え方も確認しながら行えましたので楽しんで頂けたと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

大学時代から全国で活動!貴方の興味を大切に、きめ細かい指導でサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta