サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート バンドの曲の練習。

バンドの曲の練習。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はバンドの曲の練習をしました。
「練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで!」
演奏する事を心掛けましょう。
本番でやる事は練習の時からやらないと意味がありません。
練習のための練習をしてしまうといつまで経っても本番にたどり着けないので、練習は本番と思って練習しましょう。
意識は常に全力ですが、演奏する力も常に全力だとマックスがどこかわからなくなります。
ライブのマックスはどこか?曲のマックスはどこか?を考えて演奏するようにしましょう。
取って置きの力はココ1の場所まで温存しておきましょう。
スネアの連打は力を入れて叩くと聴き心地が悪くなります。
力を入れずにボリュームを出すときは腕を大きく振ることを意識しましょう。
ボリュームのバランスは
キック>スネア>ハイハット
の順です。
バランスは常に意識するようにしましょう。
ブレイクがある時は休符を意識しましょう。
間がある時でもそこには休符という音符が存在しますので、口で「ウン」と演奏してからフィルインに入りましょう。

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

4Way independenceは慣れの問題が大きいので、行き詰まったら分解して練習してみましょう。 1と2、3と4に分解するとやりやすいですよー! この手の練習に慣れてくるとMr.Bigの「Take cover」のパターンもきっと出来るようになりますね。 「X.Y.Z.→Aのテー...

今日は8ビートの基礎練習を行いました。 フォームなのですが、まずは左を向き過ぎないように気を付けましょう。 左を向き過ぎると右側のパーツが叩きにくくなります。 ドラムの構造上、真正面は向けませんが、真正面に近いギリギリのラインを狙いましょう。 ハイハットの位置はスネアドラムと椅子の...

かりゆし58「アンマー」とスキマスイッチ「南風」の練習を行いました。 「アンマー」はサビに入る前に「4と2と3と4と5とタカドン」になりますので気をつけましょう!(最後の小説が6/4拍子になってます) タカドンもシャッフルのリズム(ミッキーマウスマーチのリズム)になってますので少し訛っ...

今日はドラムの一歩目として、 ・自己紹介 ・拍子記号の説明 ・8ビート を行いました。 拍子記号には約束があって、一小節の中に分母の数字の音符が分子の数字の個数入りますよという意味になります。 4/4拍子だと、一小節の中に四分音符(分母の数字の音符)が4個(分子の数字の個数)入...

今日は4Way independenceの練習とクリックの裏取りの練習をいたしました。 4Way independenceは今から叩く音を自分なりに音を当てはめてイメージすると間違えにくくなります。 もちろん初めは譜面を見ていても良いのですが、慣れて来たら右から左、左から右、右左の交差...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta