サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート バンドの曲の練習。

バンドの曲の練習。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はバンドの曲の練習をしました。
「練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで!」
演奏する事を心掛けましょう。
本番でやる事は練習の時からやらないと意味がありません。
練習のための練習をしてしまうといつまで経っても本番にたどり着けないので、練習は本番と思って練習しましょう。
意識は常に全力ですが、演奏する力も常に全力だとマックスがどこかわからなくなります。
ライブのマックスはどこか?曲のマックスはどこか?を考えて演奏するようにしましょう。
取って置きの力はココ1の場所まで温存しておきましょう。
スネアの連打は力を入れて叩くと聴き心地が悪くなります。
力を入れずにボリュームを出すときは腕を大きく振ることを意識しましょう。
ボリュームのバランスは
キック>スネア>ハイハット
の順です。
バランスは常に意識するようにしましょう。
ブレイクがある時は休符を意識しましょう。
間がある時でもそこには休符という音符が存在しますので、口で「ウン」と演奏してからフィルインに入りましょう。

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

本日はレッスン納めということで、ツインペダルのパターン練習を行いました。 一つ目は8ビートパターン+六連符。 このパターンは六連符に入った時に右手と右足、右手と左足が交互に合うタイミングに気を付けて演奏しましょう。 二つ目は一拍目と四拍目に六連符が入るパターン。 2回目に出てく...

今日はLAMP IN TERREN 「pellucid」 のパターン+フィルイン練習を行いました。 ほとんどの曲は四小節を基準に構成されていますので、四小節の感覚を少しずつで良いので身に付けていきましょう。 その前にパターンを体に馴染ませないといけないので、まずは曲に合わせて口でドラムパタ...

今日は米津玄師の「ピースサイン」のイントロ練習を行いました。 スネアとキックの位置がラテンのバイヨンと一緒のリズムパターンになるのでかなりトリッキーなフレーズと言えます。 まずはゆっくり手順やフレーズを覚えて、体に完全に馴染んでからスピードアップをはかりましょう。 振りを大きくしてしまう...

今日は前回までの復習と8ビートのリズムパターンにシンバルとフィルインを加えました。 三連符はトマトを言いながら叩いているのですが、慣れてきたら周りの音をよく聞くようにいたしましょう。 今はメトロノームですが、将来的には音源やバンドメンバーと合わせることになります。 そうなると自分の事...

今日は久々ドラムでしたので思い出しと、キックのダブル、ツインペダルのテンポ練習を行いました。 流石に長い間練習した甲斐あって、「X.Y.Z.→Aのテーマ」はかなり覚えてましたね(笑) よかった! キックのダブルは足首や足首より先で完結しようとさせていますので、もっと大きなパーツ、...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta