サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 基本8ビート。

基本8ビート。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は基本8ビートの練習を行いました。

途中でやったキックとスネアだけでリズムをとる練習はメジャーでも実際にやってる練習なんで、オリジナル曲のリズムパターンでも必ずやってみましょう。
グルーヴを作るのはやはりキックとスネアなんでその二つだけでリズムをウネらしましょう。

一人で練習しているときは手元を見ながら演奏してしまいがちになります。
最近のスタジオは鏡が付いているところも多いので、鏡が付いていたら鏡を見ながら練習しましょう。
手元を見るとどうしても背中が丸まってしまい、体重が後ろに逃げてしまいます。
上から紐で吊るされているぐらいの感じで背を伸ばして足にしっかり体重をかけましょう。
理科室にあるガイコツの模型がわかれば姿勢の参考にw
そして鏡を見ながら常に自分がかっこいいと思えるスタイルで練習しましょう。
練習でやってないと本番で出来るわけがありません。
練習は本番のつもりで、本番は練習のつもりで演奏しましょう。

リズムがたまにひっくり返ることがあるので、口ドラムを何があっても言い続けて途中からでもリズムに入れるように練習しましょう。

締めは100%ミスらないように!

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日は前回までの復習と8ビートのリズムパターンにシンバルとフィルインを加えました。 三連符はトマトを言いながら叩いているのですが、慣れてきたら周りの音をよく聞くようにいたしましょう。 今はメトロノームですが、将来的には音源やバンドメンバーと合わせることになります。 そうなると自分の事...

今日は久々ドラムでしたので思い出しと、キックのダブル、ツインペダルのテンポ練習を行いました。 流石に長い間練習した甲斐あって、「X.Y.Z.→Aのテーマ」はかなり覚えてましたね(笑) よかった! キックのダブルは足首や足首より先で完結しようとさせていますので、もっと大きなパーツ、...

今日はゴーストノート入りの8ビートを行いました。 基本のビートは、 ドッチッタッチッ、ドッドッタッチッ なんですが、後半が変化して、 ドタドッタッチッ となったドタドッの「タ」のスネアの音がゴーストノートと呼ばれる音となります。 練習の仕方としては、ハイハットとスネアがバッ...

今日はpellucidのリズムパターンの練習を行いました。 リズムを口で言うと、 「ドッチッタッチッ、ドタドッタッチッ」 というリズムになります。 はじめのうちは後半部分の一つ手を抜かしたバージョンの、 「ドッドッタッチッ」 を続けて演奏できるように練習しましょう。 これが何...

今日は三連符と16分音符のチェンジと8ビートの練習を行いました。 三連符と16分音符のチェンジの練習は、三連符をトマト、16分音符をタコ焼きという言葉に置き換えて練習してみましょう。 クリックからズレてきたなと感じた時は無理やり合わせに行かずに一度止まってもう一度テンポをよく確認し、リ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta