サイタ音楽教室ドラム教室 東京 がくドラムスクール レッスンノート 2016/10/29 のレッスン

2016/10/29 のレッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回のレッスンでは、叩いている音と、譜面との関係性について
ちょっと詳しく説明しました。

1, ジャズのリズム(Swingの解析)
ジャズのリズムパターン(一般的に Swing と呼ばれます)は
チーチッチというライドシンバルのビートに、
4分音符のバスドラム、2拍4拍のハイハットの組み合わせになります。
このリズムは基本的に3連符で構成されるリズムであり、
それらを最小単位で分割した場合、常に
1 ti ta 2 ti ta 3 ti ta 4 ti ta
とカウントが流れることになります。
これらのカウント上のどこに何があるのかを正確に理解することから
リズムの解析は始まります。
ライドシンバルは 1 2 ta 3 4 ta
バスドラムは 1 2 3 4
ハイハットは 2 4 の位置に存在することになります。
譜面上での音符の位置と、カウント上での位置が常に同期するように
練習してみてください。
そのうえで、同じ位置で鳴る音が何なのかを「なんとなく」ではなく
きちんと理解することがとても大切です。
「なんとなく」でやってしまうと、自分が間違っているのか
合っているのかの判断ができないまま続けることになってしまい、
上達しようにも上達できなくなってしまいます。
ゆっくりでいいです。カウントをしっかりしながら
どこで何が鳴れば正しいのかを丁寧に整理する癖をつけましょう。
それさえ出来てしまえばあとは練習するだけです。

2, ハイハットの踏み方
ハイハットを踏む際に、体ごと動いて左足を持ち上げているのが気になりました。
それをやるとバランスも崩れますし、早いテンポにはついていけません。
1 3 で踵を落とし、2 4 でつま先立ちになる感覚のモーションを
左足におぼえこませてください。
それを体の芯をブラさずにできれば理想的です。

3, スティックコントロール
リズムを正しく叩くためにはゆっくりでいいので、
一音を丁寧に叩くことです。
10発叩いて、1発うまくいくのではなく、
10発叩いて、1発うまくいかなかったくらいが標準になるくらい
ゆっくり練習してみてください。

それから、アップストロークとタップストロークを、
叩こうとしないように注意しましょう。
タップも、アップも低い位置から落ちるだけのストロークです。
落ちて、フルストロークのスタート地点まで戻るのがアップストローク、
落ちて、低い位置に戻るのがタップストロークです。
みなさんついつい叩こうとして、低い位置からスティックを
振り上げて叩こうとしてしまいます。それでは
結局すべてダウンストロークになってしまうだけなので、
気を付けてみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

NY仕込みのジャズドラマー。少ない時間で上達する方法伝授します!

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 今回は、忙しかった夏休みの影響であんまり練習できてなかったので、少ない練習時間を効率的に使うために1種類の練習だけ宿題としました。 1, Technique 8分音符を片手で叩いている状態ではいい感じに叩けているのに、両手で16分音符を叩きだすと急に頑張...

レッスンお疲れ様でした。 今回のレッスンでは 4Way Cordination のファーストステップとして、バスドラムで4分音符、ハイハットで2,4拍を踏みながら4分から16分までのチェンジアップを手で叩くというものを練習しました。 これはドラムセットの歴史的にも、また手足の分離的...

レッスンお疲れ様でした。 レッスンノートの記入が遅くなって申し訳ありません。 1, Technique 前回の宿題にしていた 115 での16分音符連打をやってきてくれたおかげで、今回はかなり余裕をもって手が動いていました。その調子で頑張りましょう。次回に向けて135でずっと叩き...

レッスンお疲れ様でした。 前回の宿題をしっかりやってきてくれた成果がはっきり出たレッスンだったと思います。その調子で頑張りましょう! 1, Technique 前回のレッスンでは 95 の片手100カウント16分100カウントを止まらずにやるように言いましたが、とてもよくやってく...

レッスンお疲れ様でした。 パラダイス銀河、個人的に懐かしさでいっぱいですが(笑) あの曲がリアルタイムだった時代にちゃんと聞いていたことはないので、吹奏楽アレンジで知らないキメが出てきてびっくりです。ちょっとめんどくさいキメがありますが、おいおい慣れていきましょう。 1, Tech...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta