サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート ドラムの一歩目。

ドラムの一歩目。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はドラムの一歩目として、
・拍子記号、音符の説明
・フォーム
・8ビート
を行いました。

拍子記号には約束があって、一小節の中に分母の数字の音符が分子の数字の個数入りますよという意味になります。
4/4拍子だと、一小節の中に四分音符(分母の数字の音符)が4個(分子の数字の個数)入りますという意味になりますので覚えておくと楽に演奏できます。
四分音符は八分音符二つ分、八分音符は16分音符二つ分と数が倍ずつ増えていきます。
何回も出てくると思いますので徐々に覚えていきましょう。

フォームは五角形を意識しましょう。
手を伸ばすと腕は自然と回転します。
パンチを打つとよくわかります。
腕を伸ばすと自然と肘が外に回転して行くと思いますので、自然な動きに身を任せましょう。

8ビートは皆さんドラムは手と足がバラバラに動いていると思いがちですが、意外と一緒に動いているパーツが多いです。
ゆっくりでよいのでどことどこが一緒に動いているかを確認しつつ、「ドッ、チッ、タッ、チッ」と声を出しながら間違えないように練習しましょう。
間違えると間違える為の練習を一回してしまうことになり、マイナス1になってしまいます。
取り返す為にはプラス1の練習を二回しないといけなくなり遠回りになります。
プラスの練習を続けて余裕の貯金生活を送りましょう!
イメージが重要ですのでイメージを膨らませましょう。

今日はお疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日は裏リズムの取り方と、4Way independenceの練習を行いました。 裏のリズムは音が聞こえませんので意識しにくいのですが、そこにも必ずリズムが流れていますので、今回はわかりやすくする為に、ハイハットを叩く上にスティックを置いてみました。 そうやって振り上げ時に音を出すこと...

今日は8ビートの基本練習を行いました。 スティックにはバランスポイントがあります。 前を持ち過ぎたり後ろを持ち過ぎたりしないようにしましょう。 グリップエンドから4分の1ぐらいのところに大体バランスポイントは存在しますので、その辺りを中心になる持つようにしましょう。 最も重要な...

DragonAsh「fantasista」のリズムパターン練習を行いました。 スネアが2、4拍に一定に入らないスリップビートなので、まずはそれに慣れましょう。 ゆっくりなテンポでよいので最低でもAメロ x 2回の16回は連続して成功出来るように練習しましょう。 出来るようになったら徐々に...

キックのダブルの練習を行いました。 ハイハットがキックのダブルにつられる事があるので、ハイハットとキックだけの練習をいたしました。 どうしてもダブルの所だけ力んでしまいがちなので、どんな場所でキックを踏んでも上半身がブレない練習をしましょう。 ダブルを踏む時の特に一発目のビーターの返り具...

今日は ・自己紹介 ・4/4拍子の説明 ・8ビート を行いました。 拍子記号には約束があって、一小節の中に分母の数字の音符が分子の数字の個数入りますよという意味になります。 4/4拍子だと、一小節の中に四分音符(分母の数字の音符)が4個(分子の数字の個数)入りますという意味にな...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta