音楽教室ドラム教室レッスンノート ザ・クリック!

ザ・クリック!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はお疲れ様でした!

いやぁ〜ほんとによくドラムを研究しているなって思いました!
素晴らしいです!!

今回やったのはクリックに合わせて叩くという事をやりました。
これってなかなかやりたくない練習だと思います。
が、しかし!!

これが意外と大事だったりします。
バンドアンサンブルの時には他のメンバーとの共通言語になるので、
一つの目安として、クリック練習は大事です。

これは、ゆっくりのテンポでやってみてください。
だいたい80〜100くらいがオススメです。

まずはクリックを表で鳴らしましょう。
やってくうちにだんだんクリックと合ってきて、
ノッてきたなぁ〜ってなったらフィルを入れてみましょう。
フィルもあんまりよれない感じになってきたら、
少し長めのフィルをやってみましょう!
これを繰り返します。

ここで大事なのが、クリックに合わせに行き過ぎない事!
感覚としては、クリックと一緒に演奏している感覚がベストです!

そして、表で鳴らすのに慣れてきたら、裏で鳴らしながらやってみましょう!
この時こそ!クリックと一緒に演奏している感覚が非常に大事です!
なかなか慣れるまでは裏で鳴らすのは難しいかと思うんですけど、これを地道にやっていくと、
本来やりたい感じが凄く良くなって行きますよ!

それと、スティックの握り方ですね。
これは、右手はいい感じで出来てました。
後は左手です。
スティックのお尻を生命線に当ててやる感じです。
この持ち方をすると、腕からスティックが真っ直ぐ伸びる様になります。
これが大事!真っ直ぐにしてやる事によって、
遠心力がグイグイかかる様になり、
少しの力でバチコンといい音が出せる様になります。
そして、ショットした後はしっかりとスティックを握ってくださいね!

これで、指も使える様になってくるので、
今までにないパターンのフィルができたりしますよ!

ほんと地味〜な感じですが、
地道に頑張ってほしいなって思います!!
このレッスンノートを書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta