音楽教室ドラム教室レッスンノート 2016/10/04のレッスン

2016/10/04のレッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回のレッスンでは、スタジオで生ドラムに触ったせいか、
バスドラの踏み方をかなり意識していたのが見受けられました。
もちろん、100%同じ音を出すというのは不可能ですが、
一回一回の誤差を縮めることは可能です。
通常、電子ドラムのみで練習している生徒さんはそこに気づくことすらありません。
気づくということは、修正しようと努力できるということなので、
それはとても大きな進歩です。自分では「できない」と思っているかもしれませんが
できないことに気が付くから練習ができるし、成果が上がります。
まだバンド練習までは時間がありますから地道にやっていきましょう!

以下、今回のレッスン内容のまとめです。

1, Table of Time
前回のレッスンの時はガタガタになってしまったリズムが
今回のレッスンではかなりしっかり叩けるようになっていました。
3連符から16分音符の切り替えは誰がやっても最初はできないので、
そこを重点的に練習し、落ち着いてきたら4分音符からつなげてやってみましょう。

2, Table of Time ~ 4way Cordination
ドラムセットは手足4本をフルに使う楽器です。
Table of Time はとても大切な基本の練習ですが、
それにバスドラムの4分音符とハイハットの2拍4拍を付けることで、
両手両足を同時に動かした時の体のバランスの取り方や
手を動かしている時の足への注意の払い方などが身に付きます。

3, Table of Time ~ ストローク
Table of Time と、フル、ダウン、アップ、タップのストロークを
組み合わせる練習です。各拍のアタマにアクセントを置き、
それ以外をノーアクセントで通します。その際に、どこをどのストロークで
叩けばもっとも無駄がないか、またその無駄のない動きを体に覚え込ませるために
これらの練習はとても便利です。

4, ハンドトレーニング
テンポ60 の16分音符を右手で100拍分
→左スタートで32分音符を100拍分
→左手の16分音符を100拍分
→右スタートの32分音符を100拍分
→繰り返し
片手でやっている時はポンポン弾ませているだけなのに、
両手でやった瞬間にバタバタしだす方が非常に多いです。
片手でやっている時の感覚を両手でやりだしたときにもなるべく維持することを
意識して練習してみてください。

5, Both Training
両手両足でテンポはいくつでも構いませんが、8分音符をひたすら叩く練習です。
体のバランスを整える意味ではこれ以上ない練習なので
一日に10分とかやってみてください。

僕はよく、「何分続ける」などと課題を出しますが、
重要なのは「10分間ただやる」ではなく、
決められた時間内を通して「どうやったら楽に叩けるのか」
「今なぜうまく行かないのか」を考え続けることです。
ただ言われたから10分やりましたでは、なにも気づきませんし、改善しません。
限られた時間でも常に成果(気づき)を得られるようにやってみましょう。

また、バンドでやる予定の曲、数曲むちゃなものがありましたがw
それらは「今はできない」だけです。同じ人間がやっている以上、
「絶対無理」はあり得ませんので、コツコツやっていきましょう。
自分では気づかないし、バンドメンバーにも気づかれないかもしれませんが
ぼくから見れば、毎回少しずつ上達してますよ。
前回までひっぱたいていたストロークも、だいぶ柔らかくなりましたし、
そんな感じでいつの間にかできるようになっていることが今後増えていくと思います。

無理せず続けていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

NY仕込みのジャズドラマー。少ない時間で上達する方法伝授します!

がくドラムスクール
山口岳 (ドラム)

川崎・大井町・蒲田・千鳥町・矢口渡

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta