サイタ音楽教室ドラム教室 東京 がくドラムスクール レッスンノート 2016/10/08 のレッスン

2016/10/08 のレッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

今回はお仕事が忙しくあまり練習できていなかったとのことなので
新しいことをやるよりも、前回の復習と、それらをより深める方向で
レッスンを行いました。

1, Table of Time
4分音符から16分音符までの移行はかなりスムーズにできていました。
さらに実践的にするために、バスドラムの4分音符とハイハットの8分音符を
加えてみましょう。

2, 8分音符から16分音符への移行
片手で8分音符を叩いている状態から、
両手の16分音符へと移行すると誰しも、ついつい手を早く動かそうとしてしまいます。
でも、考えてみると片手単位でみると動いている速さを変える必要はないので
片手で叩いている感じをキープしつつやってみましょう。

3, Blues 系のパターン
Blues 系のパターンやフィールは数多くありますが
全体的な特徴として3連符を多用したフィールと特徴づけられます。
今回やってみたのは6/8拍子ともとらえられるビートでした。
曲は I'm with you / Sam & Dave です。

またパターンを叩きながら自由にフィルインを入れてみる練習もしてみました。
練習したフレーズを叩くのはできますが、
自由なフィルインの発想にもそれなりに練習が必要です。
今までやったグルーブなどでもやってみましょう。
きっと楽しくなると思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

NY仕込みのジャズドラマー。少ない時間で上達する方法伝授します!

新着レッスンノート

レッスンお疲れ様でした。 ずいぶん久しぶりだったので、長くなってしまいましたが、楽しんでいただけていれば嬉しいです。 1, Technique 癖として、親指が上を向いてしまうので、手の甲が上を向いて、手首が最も動きやすい形をキープするように。それから、スティックがまっすぐ上下動...

レッスンお疲れ様でした。 今回は 4Way の出来が良かったですね。それから最後にやった曲のパターン、何とかイメージがつかめてよかったです! 1, Technique 16分音符の連打になったときにどうしても力が入り、リズムがガタガタになってしまいます。この手のものを克服するには...

今回は前回宿題にしていた内容をしっかりやってきてくれましたね。教えがいがあり嬉しいです。 1, Technique 右手の8分音符から16分音符につながる流れはだいぶきれいに右手を維持したままつなげられるようになってきました。今回は片手のみのパートと16分音符のパートを4小節ずつ交代す...

レッスンお疲れ様でした。 今回はスケジュールが落ち着いたのか、なかなか練習できていた感があり、良かったです! 1, Technique 右手の8分音符と右スタートの16分音符を繰り返す練習をしました。ポイントとして右手の8分音符の感覚をずっと崩さないこと。左手が入ってくるときに振...

レッスンお疲れ様でした。 今回のレッスンでは アクセント移動とバスドラム、ハイハットの組み合わせを復習しました。これらについては、まずはアクセントに体ごと持って行かれないように注意してみましょう。 体の重心がぶれてしまうとどうしても叩けなくなります。バスドラムで何をしようと、ハイハット...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta