音楽教室ドラム教室レッスンノート シンプルに心地よく

シンプルに心地よく

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■セッティングについて
狭苦しくならないようにセットします。
椅子の高さを決め、バスドラを踏み込みやすい
場所を探します。
その位置を起点に、ヘソの前にスネア、
左足の位置にハイハットをセットします。
窮屈になる傾向がありましたので、
ゆったり大きな車の運転席のように
座れるようにしましょう。

■自然な演奏
オーソドックスな演奏とフィルインを練習しました。
自然に演奏できており、問題ありません。
一体感をもたせるために、テンポを整える
必要が出てくるとは思いますが、その際は、
メトロノームに置いていかれない、
置き去りにしないというようにおおらかに考えてみましょう。
無理に合わせる必要はありません。

■音数のフィルとエンディング
右手、左手、右足で三連符を演奏します。
スネア→タム→バスドラム、スネア→タム→フロアタムを
練習しました。
エンディングについては、タム→タム→フロアタム→バスドラムで
タカダドンとすると良いでしょう。

■曲と一緒に
まずはシンプルな演奏で心地よさを感じましょう。
この心地よさが重要です。
これをなくして、演奏は完成できません。
細かいことは少しずつ練習します。

■アップダウン
前項の細かいことのうちの一つです。
アップダウン奏法
右手の奏法を確認しました。
1.スティックを構えて頂き、その場所を覚える
2.スティックを振り上げて振り下ろす動作を覚える(振り下ろすと同時に発音)
3.音を出した後スティックが「1.」の場所に戻ってきているはずですので(打点から5cm以内の高さ)、そこから振り上げる動作を覚える。(振り上げると同時に発音)
1.→2.→3.→2.→3.→2.→3.→2.→3.・・・と
演奏してみてください。
これを習得することにより、効率良く速く打つことができます。
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta