音楽教室ドラム教室レッスンノート ドラムの基本からエイトビートまで

ドラムの基本からエイトビートまで

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はレッスンお疲れさまでした!
ドラムセットに触れる時間は有意義に過ごせましたでしょうか。

本日はドラム入門として「はじめてドラムに触れるあなたへ」を中心に手作り教材をお渡し、セッティングやフォームなどのご説明後エイトビートの基礎に取り組みました。
字の多い教材ですが、再度目を通して頂けますと幸いです。

・バスドラムの奏法について
椅子は膝の内側が90度になる高さにし、足の付け根から持ち上げて落とす、かかとのバネを使えるようかかとを浮かせることをお伝えしました。かかとを浮かせて踏むのと比べ大きな音を出しやすいのが特徴の奏法です。

・エイトビートの基礎について
お渡しの教材でも触れていますが、ハイハットシンバルを下支えとしながら、スネアドラムとバスドラムでリズムの中心(コア)を作ります。
ハイハットシンバルで8分音符を刻むのが無意識にできるようになると、スネアドラムとバスドラムでリズムを作ることに集中することができます。
ハイハットとバスドラム、バスドラムとスネアドラム、スネアドラムとハイハットの組み合わせ練習も合わせて行ってみてください。

また、本日はレッスンにてスティーリー・ダンのアルバム「Two Against Nature」より「Janie Runaway」を使用しました。
以下URLより楽曲が聴けます(広告が付いております、本編再生まで少しお待ちください)。
https://m.youtube.com/watch?v=g9WYQFzoai4
本日取り組んだ「バスドラムとスネアドラムが交互のエイトビート」が中心となった楽曲です。
このレッスンノートを書いたコーチ

グルーヴこそドラムの命!初心者でも大歓迎、手作り教材で全力サポート

drumstarts
RieNishino (ドラム)

渋谷・溝の口・下北沢・三軒茶屋・駒沢大学

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta