サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート ハイハットオープン(裏打ち)の練習

ハイハットオープン(裏打ち)の練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・スティックコントロール
・キック、ハイハットを踏みながらの16分音符のアクセント
・ハイハットオープン(裏打ち)の練習
を行いました。

スティックコントロールは一つ目、二つ目までは大分完成に近づきました!
あとは細かい調整を行なっていきましょう。
ステイックが落ちるスピードや手の形、親指に力が入っていないか?中指が真っ直ぐになっているか?スティックがヘッドに当たるときの角度は正しいか?など、細かいところに注意しましょう。
一回目から正解が出ると完全に身に付いていますので、一回目から正解が出来るように練習しましょう。

キックとハイハットを四分で踏みながらの16分音符のアクセントは特に左足のコントロールが難しいです。
カカト、つま先、カカト、つま先と交互にハイハットを踏むのですが、なるべく準備をしないようにして踏む瞬間にだけ足を動かすようにしましょう。
姿勢が猫背にならないように意識しましょう。
アクセントは四分音符で入るので手と足と同じイメージで叩けます。
右手が常に同時に入りますので初めのうちは右手を意識しましょう。
間違わずに出来るまではゆっくりなテンポで練習しましょう。
早いテンポで練習すると変な癖が付いてしまうこともありますので気を付けて下さいね。

ハイハットを8ビートの裏で開けるのは慣れると意外と簡単に出来ます。
先にやった左足を開けたり閉めたりする練習をすることによって左足のコントロールも上手くなりますので、基礎練習をする時はカカト、つま先でハイハットを踏みながらの練習を試しましょう。
口で「ドッ、チー、タッ、チー、ドッ、チー、タッ、チー」と言いながら練習するといい感じにリズムが刻めますのでこれも試してみて下さい。

お疲れ様でした( ´ ▽ ` )ノ
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

・メロディー ・コード ・リズム についての簡単な説明と、音楽理論とマニュアルについての説明をしました。

ドラム発表会の総復習を致しました。 細かいところは抜きにして、全て通せるようになっていますので、後は楽しむことを心がけましょう! 「練習は本番のように、本番は練習のように!」 が基本です。 ドラムだけで閉じ困らずに、前を向いて演奏する事を心がけましょう! お疲れ様でした!

Smoke on the water の練習をいたしました。 曲は最初から最後まで通せるようになっていますので、後は細かい所を修正していきましょう。 フィルインは、原曲を完コピ出来る所は練習した方が上達出来ますので、時間があれば完コピしてみましょう。 ただ、1番の目的はみんなで楽しく...

今日はpellucid の復習と恋は永遠の練習を行いました。 pellucid は6連符以外はほぼ出来ていますので、6連符を集中して練習しましょう。 腕を前後に動かすのではなく、回転運動を上手く利用して演奏しましょう。 6連符はボリュームは特に必要ありませんので、振りは小さくても大丈...

pellucid の続きの練習を行いました。 まずは6連符ですね! 肘から先だけを動かすのではなく、体の中心から力を伝えるのを意識しましょう。 スネアを叩く時はハの字型、手首は力を出来るだけ抜いてフラットな状態になるようにして演奏しましょう。 座る位置もスネアに近づき過ぎないように...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta