サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート ベースの練習(特別講義)

ベースの練習(特別講義)

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ドラムではなく特別にベースの練習をしましたw
まずはチューナーは買いましょうw
今は携帯の無料アプリでも手に入りますが、チューナーは流石にちゃんとしたのを買った方が良いと思います。
上から四弦=E、三弦=A、二弦=D、一弦=Gに合わせましょう。
C=ド、D=レ、E=ミ、F=ファ、G=ソ、A=ラ、B=シになります。
ピアノの鍵盤を思い出せば、黒鍵と白鍵の位置関係と並びが同じになっていることがわかると思います。
これさえ覚えていればコード譜を見ただけでルートを弾くことは出来るようになりますので、音の並びをまずは覚えましょう。
ミとファ、シとドは隣り合わせなんで忘れないように。
弦を押さえるときはドラムでもやった平べったいものを持つ手の形を思い出してください。
手首を返して、指を立てて弦を押さえましょう。

お疲れ様でした( ´ ▽ ` )ノ
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

・メロディー ・コード ・リズム についての簡単な説明と、音楽理論とマニュアルについての説明をしました。

ドラム発表会の総復習を致しました。 細かいところは抜きにして、全て通せるようになっていますので、後は楽しむことを心がけましょう! 「練習は本番のように、本番は練習のように!」 が基本です。 ドラムだけで閉じ困らずに、前を向いて演奏する事を心がけましょう! お疲れ様でした!

Smoke on the water の練習をいたしました。 曲は最初から最後まで通せるようになっていますので、後は細かい所を修正していきましょう。 フィルインは、原曲を完コピ出来る所は練習した方が上達出来ますので、時間があれば完コピしてみましょう。 ただ、1番の目的はみんなで楽しく...

今日はpellucid の復習と恋は永遠の練習を行いました。 pellucid は6連符以外はほぼ出来ていますので、6連符を集中して練習しましょう。 腕を前後に動かすのではなく、回転運動を上手く利用して演奏しましょう。 6連符はボリュームは特に必要ありませんので、振りは小さくても大丈...

pellucid の続きの練習を行いました。 まずは6連符ですね! 肘から先だけを動かすのではなく、体の中心から力を伝えるのを意識しましょう。 スネアを叩く時はハの字型、手首は力を出来るだけ抜いてフラットな状態になるようにして演奏しましょう。 座る位置もスネアに近づき過ぎないように...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta