音楽教室ドラム教室レッスンノート 脱力の仕方について。

脱力の仕方について。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

脱力する為にはスティックを振る時に体の自然な動きに合わせて振らないと脱力はできません。
スティックの握り方、上げ方、フォーム、振り方、全てにおいて普段は意識していませんが体の自然な動きがあります。
腕を伸ばすと自然と指が伸びる。
パンチを打つと自然と腕は内に回転する。
片手で椅子を持ち上げる時の自然な手の形。
棒を持つ競技に関してはほぼほぼ脱力の仕方は一緒です。
フィジカルトレーニング系の本を読めば大体書いてあることは同じなのですが、実際に眼の前で見るのと本を読むだけでは雲泥の差があります。
脱力することによりサウンドにビックリするほどの差が出ます。
僕の場合は脱力を身に付けることにより仕事が増えましたw
JUDY AND MARYの五十嵐公太さんのドラムクリニックに去年行ったのですが、その時にもサウンドの良さがプロとアマの差というようなことをおっしゃられていました。
脱力はすぐには身に付けることは難しいですが上達への一番の近道だと思います。
今日やったことを思い出しながら練習してみて下さいね。

今日はお疲れ様でした!
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta