サイタ音楽教室ドラム教室 北海道 フミナリドラム教室 レッスンノート 基本的な8ビート!

基本的な8ビート!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回はお疲れ様でした!

初ドラム楽しんでもらえたでしょうか?

今回はほんと基本的な事から初めてみました!

まずはセッティングです!
これはドラムに自分を合わせるのではなくて、
自分にドラムを合わせるって感覚です。

まずはイスとペダル関係!

右と左にペダルがあります。
これはどうセッティングするかというと、
立っていて、そこから足はそのままで座るった時の足の位置です。
これが1番リラックスできる体勢なので、
ここにペダル達を置くようにしましょう!
そして、スネア!
スネアは手をダラーんと下に落とし、肘の位置はそのままで前に手を出します。
この時にちょうどよくなる高さにします。
できればなるべく地面と平行になるのが好ましいです。

後のタムやフロアタム、シンバルは自分の手の届くところにセッティングしましょう!

そして、次にスティックの持ち方です。

これは、まず人差し指の第一関節にのっけます。
そして、親指をスティックと平行に置き、親指と人差し指でつまむようにし、スティックをお尻を生命線に合わせます。
残った3本の指はスティックにそえます。

これがスティックの基本的な持ち方です。

そして、振り方!

これは手首に紐が付いている様な感覚で腕を上に上げていきます。
そうすると顔の横位までくると思います。
そこからボールを投げる様な感覚で下に向かって打ちます。
打った後はスティックをぎゅっと握ります。
この止めた時に打点から3センチくらいの所で止まるように気をつけてみましょう!

そして、足の踏み方です。
これはほんとブラジルです!
ブラジルに向けてガッツリ踏みましょう!
ペダルの踏む位置は真ん中近辺がいいと思います!
自分の踏みやすい位置を見つけてほしいなと思います。

この叩き方、踏み方で8ビートをやりました!
右手でハイハットを「1、2、3、4」で叩きます。
「1」で右足を踏み、「3」で左手を叩きます。

これが8ビートです!
この時の「3」の時に右手も一緒に上に上げましょう!
そうすると左手が強く打つ事ができます!

ほんとに凄い今日は叩けてました!
素晴らしいです!

この感じでドラムを楽しんでいってほしいなと思います!
このレッスンノートを書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

新着レッスンノート

今回もお疲れ様でした! 今回は進みましたねー! まずは前回の復習をしましたが、全然問題なさそうでしたよね! そして、今回はサビから! サビは 「ドドタン、ドドタン」の繰り返しです。 そして、折り返しの時に、 「ドドタン、シャーントコトコ」 をやります。 そして、サ...

今回もお疲れ様でした! そして、レッスンノート遅くなってすみません!! 今回はAメロの折り返しまでやりました! 動画で撮った感じなのですが、なかなか複雑なフレーズが多発しております!! まずイントロの前のフィルがですね、 「シャントコトコシャーンド、パントコトコシャー...

今回もお疲れ様でした!! レッスンノート遅くなってすみません!! 今回進みました! 今回は1番のサビの後の間奏からです! ここのパターンは 「ドンタン、ドンタン、ドンタン、ドドタド」 これを4回繰り返しまして、 4回目に 「ドンタン、ドンタツー、ドタタタ、ドタタタ」...

今回もお疲れ様でした! いやー、とうとうやってしまいましたね、 ツインドラム! いやー、ほんと凄く楽しかったですよね! 今までやった4曲から3曲をやりました。 ほんと素晴らしかったです! これがザ・セッションですね! この感じでドラムとではなくて、 ギターやベー...

今回もお疲れ様でした! 今回はまず復習から! 最近は新曲が多かったので、ちょっと抜けちゃってるとこもありましたが、 少し思い出しがてらにやってみたらみるみるうちに思い出してきたので、問題ないかと思います!! やっぱりあの曲はフレーズが似てるので、 ちょっとなんとも複雑ですよね。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta