音楽教室ドラム教室レッスンノート 基本的な8ビート!

基本的な8ビート!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回はお疲れ様でした!

初ドラム楽しんでもらえたでしょうか?

今回はほんと基本的な事から初めてみました!

まずはセッティングです!
これはドラムに自分を合わせるのではなくて、
自分にドラムを合わせるって感覚です。

まずはイスとペダル関係!

右と左にペダルがあります。
これはどうセッティングするかというと、
立っていて、そこから足はそのままで座るった時の足の位置です。
これが1番リラックスできる体勢なので、
ここにペダル達を置くようにしましょう!
そして、スネア!
スネアは手をダラーんと下に落とし、肘の位置はそのままで前に手を出します。
この時にちょうどよくなる高さにします。
できればなるべく地面と平行になるのが好ましいです。

後のタムやフロアタム、シンバルは自分の手の届くところにセッティングしましょう!

そして、次にスティックの持ち方です。

これは、まず人差し指の第一関節にのっけます。
そして、親指をスティックと平行に置き、親指と人差し指でつまむようにし、スティックをお尻を生命線に合わせます。
残った3本の指はスティックにそえます。

これがスティックの基本的な持ち方です。

そして、振り方!

これは手首に紐が付いている様な感覚で腕を上に上げていきます。
そうすると顔の横位までくると思います。
そこからボールを投げる様な感覚で下に向かって打ちます。
打った後はスティックをぎゅっと握ります。
この止めた時に打点から3センチくらいの所で止まるように気をつけてみましょう!

そして、足の踏み方です。
これはほんとブラジルです!
ブラジルに向けてガッツリ踏みましょう!
ペダルの踏む位置は真ん中近辺がいいと思います!
自分の踏みやすい位置を見つけてほしいなと思います。

この叩き方、踏み方で8ビートをやりました!
右手でハイハットを「1、2、3、4」で叩きます。
「1」で右足を踏み、「3」で左手を叩きます。

これが8ビートです!
この時の「3」の時に右手も一緒に上に上げましょう!
そうすると左手が強く打つ事ができます!

ほんとに凄い今日は叩けてました!
素晴らしいです!

この感じでドラムを楽しんでいってほしいなと思います!
このレッスンノートを書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta