サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 9月4日ドラムレッスン。

9月4日ドラムレッスン。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は
・スティックコントロール
・16分音符のアクセント
・8ビートの練習
を行いました。

スティックコントロールは手の形が非常に重要になります。
手首を真っ直ぐにして出来るだけ自然に親指が中指辺りに触れる状態を作りましょう。
スティックの通り道を確実に作るのと親指の付け根に力が入らないように気をつけましょう。
スティックを包み込むように持つのではなく平面で支えることにより接地している面が点になりリバウンドがより起きやすくなります。
常に平べったいものを持っている手の形を意識しましょう。

16分音符のアクセントは大きい音をさらに大きくするのは大変なので小さい音を出来るだけ小さい音で叩くようにしましょう。
大切なのは16分音符の四つ目で、そのタイミングで右手を振り上げ、アクセントを叩く準備をしておきましょう。
アクセントが上手くなるとそれだけでたくさんのフィルインが出来るようになりますので、最終的にはどこの位置にでもアクセントが入れられるように練習しましょうね。

8ビートの新しいリズムパターンの練習は2拍目にキックが入るのが癖になりかけていますので、意識して「グッ」と我慢しましょう。
口でリズムパターンを言いながら叩くとそれがリズムとなって自然と表現されます。
まず音をイメージしてそれを口で言いながらドラムを叩いてみましょう。
きっといつもよりも叩きやすくなりますよ!
ドラムはギターのコード進行と違い、使われているパターンは多くありません。
よく使われているパターンを早く覚えて色んな曲をできるようになりましょう。

今日はお疲れ様でした(^ ^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日は三連符と16分音符のチェンジと8ビートの練習を行いました。 三連符と16分音符のチェンジの練習は、三連符をトマト、16分音符をタコ焼きという言葉に置き換えて練習してみましょう。 クリックからズレてきたなと感じた時は無理やり合わせに行かずに一度止まってもう一度テンポをよく確認し、リ...

今日は8ビートの練習を行いました。 8ビートのハイハットとスネアは基本ループしていますので、最終的にはキックをアドリブと捉えて踏めるようになるとベストです。 そのためには手だけを何も考えなくても叩けるようになるまで体に染み込ませましょう。 1小節ごとにキックを入れたり抜いたりする練習をし...

今日はチェンジアップと「All I Want for Christmas Is You」の練習を行いました。 三連符と16分音符をチェンジする練習に右足のキックを加えました。 16分音符はとくに難しくないのですが、三連符は右手と右足、左手と右足が交互に出てきて、脳に交差する回路を作らな...

今日は三連符と16分音符を行ったり来たりの練習と曲の練習をいたしました。 三連符はトマトやレタス、16分音符はたこ焼きなど音符に文字を当てはめるとリズムからズレにくくなりますので、言いながら叩けるように練習しましょう。 出来るようになったら次は小節数を数えましょう。 2小節ごとに三連...

一曲を仕上げるためには二つあります。 一つは「完コピ(完全コピー)」と言われるもの。 これは叩いているアーティストの持っているスキルを全て自分のものにしないといけないのでかなり時間がかかります。 もう一つの方法は曲のサイズを覚えて自分なりに演奏する。 こちらの場合はシンバルが叩けて、リ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta