サイタ音楽教室ドラム教室 大阪 PADドラムスクール レッスンノート 体験レッスンお疲れさまでした!

体験レッスンお疲れさまでした!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

=============
〜Stick Control〜
まずは準備体操ということで持ち方から始めてCHANGE UPという練習をしました。打楽器の基礎練習の中でも伝統的な練習方法です。慣れるまで少しタイミングが取りにくいと思いますが、最後に渡した譜面を見ながらゆっくりやってみてください。このゆっくりてのがポイントです。
めっちゃゆっくりから自分でひとつひとつ何やってるか余裕で理解できるぐらいの遅さでOKです。それで少しづつあげていけば必ずできます。

================
〜Rhythm Training〜
8ビートの練習です。手だけ、足だけとわけて練習してみてください。このリズムを習得するまでに色んなやり方があります。左手だけずっと8で叩いておいて、左足キックと右手スネアを乗せるやり方や左手を1・2でカウントして1回目の1の時に足、2回目の1の時に手とやっていくのもいいです。自分なりに歌うともっと理解できるのでドンタンドンタン言いながらやってみてください。実はプロミュージシャンは全員自分が出すフレーズを歌いながら演奏しています。
このレッスンノートを書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

新着レッスンノート

パーカッション抵抗なく触れていい感じでした!自然にリズムに触れていってドラムに移行していくのも良さそうでしたので、とにかくまずは歌ってみてください。やってることと歌ってることがリンクしていくとドラムに移ってもバスドラの音、スネアの音をわけて理解できるようになってくると思います。

パーカッション抵抗なく触れていい感じでした!自然にリズムに触れていってドラムに移行していくのも良さそうでしたので、とにかくまずは歌ってみてください。やってることと歌ってることがリンクしていくとドラムに移ってもバスドラの音、スネアの音をわけて理解できるようになってくると思います。

前回練習した4分音符を感じながら音数を増やしていくチェンジアップという基礎練習のおさらいからはじめました。4分8分はまだいいのですが16が正解がまだわかってなくて、本人たちはできてるーと言いますがまだまだ練習と理解が必要です。 今回はすぐ飽きたので内容を変えて16分音符のコンビネーションを練...

前回練習した4分音符を感じながら音数を増やしていくチェンジアップという基礎練習のおさらいからはじめました。4分8分はまだいいのですが16が正解がまだわかってなくて、本人たちはできてるーと言いますがまだまだ練習と理解が必要です。 今回はすぐ飽きたので内容を変えて16分音符のコンビネーションを練...

2人がどれぐらい覚えてるかみながら進めました。8ビートのリズムはしっかり覚えていてくれたようでした。 今回は4、8、16分音符の仕組みを絵で説明しながらゲームのようにやってみました。お家で練習するときは4分音符で歩きながらタンタンと歌うように一緒に遊んでみてください。 この音符の尺感は...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta