サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 7月11日ドラムレッスン。

7月11日ドラムレッスン。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は
・ドラムセッティング
・ペダルコントロール
・8ビートの練習
を行いました。

ドラムのセッティングは椅子→スネア→ハイハットの順番にセットしていきましょう。
椅子の高さを調節し、それに座って一度腕が地面と平行になるように構えてみて、スティックのチップがスネアのヘッドから2〜3センチ離れるぐらいの位置にスネアをセットしてみましょう。
それから最後にハイハットをセットします。
セッティングは見た目や好みもありますのでこれといった正解はありません。
自分がカッコいいと思える叩きやすいセッティングを見つけて行きましょう。

ペダルコントロールは足首をできるだけ柔らかくして瞬発力を利用してペダルを踏みましょう。
特にバネを付けてからはビーターがなるべくベースドラムのヘッドから離れないように気を付けましょう。
そうすることによりバネの力が最大限に活かせるようになります。
感覚に頼るところも大きいので慣れてきたら足元を見ずに音を聞いて練習しましょう。

8ビートは16分音符のフィルインをやってみました。
音形に関しては何も問題がないので、あとは自分の出している音のボリュームや周りの音を聞くことに集中して演奏しましょう。
ベースの音を聞いてそれにベードラを合わせる練習をするとバンドのサウンドが心地よくなりますのでイメトレだけでもやってみて下さいね(^-^)

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

今日はpellucidのリズムパターンの練習を行いました。 リズムを口で言うと、 「ドッチッタッチッ、ドタドッタッチッ」 というリズムになります。 はじめのうちは後半部分の一つ手を抜かしたバージョンの、 「ドッドッタッチッ」 を続けて演奏できるように練習しましょう。 これが何...

今日は三連符と16分音符のチェンジと8ビートの練習を行いました。 三連符と16分音符のチェンジの練習は、三連符をトマト、16分音符をタコ焼きという言葉に置き換えて練習してみましょう。 クリックからズレてきたなと感じた時は無理やり合わせに行かずに一度止まってもう一度テンポをよく確認し、リ...

今日は8ビートの練習を行いました。 8ビートのハイハットとスネアは基本ループしていますので、最終的にはキックをアドリブと捉えて踏めるようになるとベストです。 そのためには手だけを何も考えなくても叩けるようになるまで体に染み込ませましょう。 1小節ごとにキックを入れたり抜いたりする練習をし...

今日はチェンジアップと「All I Want for Christmas Is You」の練習を行いました。 三連符と16分音符をチェンジする練習に右足のキックを加えました。 16分音符はとくに難しくないのですが、三連符は右手と右足、左手と右足が交互に出てきて、脳に交差する回路を作らな...

今日は三連符と16分音符を行ったり来たりの練習と曲の練習をいたしました。 三連符はトマトやレタス、16分音符はたこ焼きなど音符に文字を当てはめるとリズムからズレにくくなりますので、言いながら叩けるように練習しましょう。 出来るようになったら次は小節数を数えましょう。 2小節ごとに三連...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta