音楽教室ドラム教室レッスンノート エイトビートの演奏

エイトビートの演奏

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■カウントの取り方
カウントを頭の中で「1、2、3、4」と歌いましょう。
こちらは全項目に共通することです。
この数字の部分が四分音符です。

■右手の演奏
左側にある「ハイハットシンバル」を演奏します。
カウントを基準にして「1と2と3と4と」と
音を出すと八分音符が演奏できます。

■左手の演奏
正面にある「スネアドラム」を「2」と「4」で
演奏します。
歌に合わせて手拍子する部分と
イメージするとわかりやすいです。

■右足の演奏
大きな太鼓「バスドラム」を「1」「3」または、
「1」「2」「3」「4」で演奏します。
ペダルの踏み方はスパッと踏みます。
その際、足の裏をフットペダルから離さないようにしましょう。
また、音を出し終わった後、ビーターを打面に押し付けるようにしましょう。
リラックスの上、無理のない演奏ができるといいです。

■曲と一緒に
右足だけでも曲と一緒に演奏すると心地よさが発揮できます。
ドラム、伴奏の心地よさに触れられたかと思います。
手足全てを使ったエイトビートでも、
両手だけの演奏であってもこの心地よさを忘れずにいてください。

■エイトビートの演奏
動作を繰り返すことにより、エイトビートを
一小節間続けることができました。
演奏ができるようになる感覚は、
一度しか味わえません。大変貴重な瞬間を
味わえましたね。
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta