サイタ音楽教室ドラム教室 兵庫 カツ.jp ドラムスクール レッスンノート 7月5日ドラムレッスン。

7月5日ドラムレッスン。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は
・ドラムセッティング
・スティックコントロールの練習
・8ビートの練習
を行いました。

セッティングはまずはスネアドラムの位置を決めて、そこから椅子を頂点として右側のキックペダルと二等辺三角形が描ける位置に左のハイハットペダルをセットします。
はじめのうちはハイハットの位置が遠く叩きにくく感じるかもしれませんのでその場合はバランスが崩れない程度に近付けましょう。
叩き出すと段々と叩きやすいセッティングが見えてきますのでその都度変えていきましょう。
そうしているうちに自分だけのセッティングが見えてきますよ〜。

スティックコントロールはつまらなく地味な練習なのですが、これをやるのとやらないのでは後の成長具合に大きな差が出ますので渋々お付き合いください。
何か平べったいものを持つときの手の形を最初から最後まで崩さないように気を付けて、重力に逆らわずスティックを落とした時と同じスピードで振ってみましょう。
リバウンドが起き、スティックが人差し指に触れたらスティックの動きたい方向に合わせて手をついて行かせてあげましょう。
この練習はコツを掴むまでにどうしても時間がかかりますのでのんびり、でも確実に練習して行きましょう。

8ビートはリズムはかなり正確です。
なので後はボリュームに気を付けて、
ベースドラム 〉スネアドラム 〉ハイハット
の順番に大きさがなるように気を付けましょう。
4小節に一回シンバルを入れる練習をしましたが、次はフィルインというものも入れる練習をしてみますね〜。
小節数が数えられるようになると色々便利なので曲を聞きながら小節数を数える練習をしてみましょう。
今までは曲を聞く時にほとんど歌を聞いていたと思うのですが、次聞くときはドラムやベースを聞く練習をしてみましょう。
今まで聞こえなかった音も聞こえてくると思います。
何の音かわからない時は僕に聞いてみてくださいね〜。

今日はお疲れ様でした(^O^)/
このレッスンノートを書いたコーチ

全国ツアーなど精力的に活躍。熱さピカイチの先生がゼロからサポート

新着レッスンノート

ドラムの一歩目として、 ・自己紹介 ・拍子記号の説明 ・フォーム ・8ビートの基礎 を行いました。 拍子記号には約束があって、一小節の中に分母の数字の音符が分子の数字の個数入りますよという意味になります。 4/4拍子だと、一小節の中に四分音符(分母の数字の音符)が4個(分子の...

DragonAsh「Fantasista」の練習を行いました。 リズムパターンは分解するとわかりやすくなりますので、一度分解してみましょう。 「ドドツタ」のフレーズが難しいので、そこを繰り返し練習してみましょう。 口で言う練習はとても大切です。 口ドラムでイメージした音をアウトプットす...

4Way independenceは慣れの問題が大きいので、行き詰まったら分解して練習してみましょう。 1と2、3と4に分解するとやりやすいですよー! この手の練習に慣れてくるとMr.Bigの「Take cover」のパターンもきっと出来るようになりますね。 「X.Y.Z.→Aのテー...

今日は8ビートの基礎練習を行いました。 フォームなのですが、まずは左を向き過ぎないように気を付けましょう。 左を向き過ぎると右側のパーツが叩きにくくなります。 ドラムの構造上、真正面は向けませんが、真正面に近いギリギリのラインを狙いましょう。 ハイハットの位置はスネアドラムと椅子の...

かりゆし58「アンマー」とスキマスイッチ「南風」の練習を行いました。 「アンマー」はサビに入る前に「4と2と3と4と5とタカドン」になりますので気をつけましょう!(最後の小説が6/4拍子になってます) タカドンもシャッフルのリズム(ミッキーマウスマーチのリズム)になってますので少し訛っ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta