サイタ音楽教室ドラム教室 東京 ドラムスクール・ポリリズム レッスンノート カウンセリング

カウンセリング

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

■カウンセリング
↓修正点

■8Beat/
point.1 Hi Hat Open Work
鳴らし方を正しくする為に→ハイハットの開ける分量を少なめにする/スティックのショルダー(細くなってる部分)でハイハットのエッジ(縁の部分)を叩いてトップとボトムの両方を鳴らす)/アクセントを置く

point.2 Bass Druns
ヒールアップの踏み方を修正→足首を柔らかく踏む事

■チェンジアップ
point.1 タップとフルストロークの打ち分け
指でコントロールする初めに叩いていた奏法をフィンガーショットと言い、叩き方のことをタップと言います(今後アクセントコントロールで解説)。他にリストショット、アームショットと関節毎に名前があり、その後叩いた奏法をフルストロークと言います。
出したい音圧で使い分けていきます。

■バスドラム ダブル
point.1 スライド奏法
最もポピュラーなスライド奏法を練習しました。
膝を上げて足を手前に引き、踵を下ろしながら手前で一度踏み、踵を下げながら奥でもう一度踏み込みます。高速になっても踏める奏法なので身につけましょう。

お疲れさまでした!
このレッスンノートを書いたコーチ

ドラマー家系ならではのセンス。ジャズ~ブルースまで、女性の生徒さん多数

新着レッスンノート

Jazz Swing ライドレガート + フットハイハット + スネア(つったつった) ポイント→右手は親指を上に他の指で振りつつ親指でもプッシュする。 ポイント2→お尻に重心を持ってきて一つ重心を下げる。 宿題→ビールダウンのバスドラム 下のお腹の筋肉で前側の筋肉ごと爪先を上...

★高速ストローク 肘を開き過ぎて肩に負担がありました。 肘を閉じて肩を脱力。鎖骨と肩甲骨から動かして、腕の流れをシンプルに、親指を上めにして小指側の軸を意識することで、無理のないストロークを作りました。 より早く叩きたい時は肩甲骨をストレッチしてみてください。 ★タム タムを叩く...

遅くなりました、カルテです。 1.ヒールダウン奏法で2分打ち、4分打ち 2.レギュラーグリップの打ち分け 3.レガートのトーンコントロール 4.レギュラーグリップのフィルイン #i realb&クリック練習

︎Jazz / Swing 4beat ライド / ハイハット 基本フレーズ スネア / バスドラ 基本フレーズ Swingのグルーヴ、サウンドの作り方 フレンチグリップ、レギュラーグリップの使い方 ヒールダウンの踏み方

スライド奏法の改善 1.足首、踵を使って、関節の機能を高めました。 2.筋膜のラインの流れを変えて親指、お尻、膝を使って踏めるようにしました スィベル、トリプルストロークの説明 16Beat 1.肩甲骨をしまって内回転の動きでハイハットをコントロールする。 2.モーラーとグ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta