音楽教室ドラム教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした!!

座った時の姿勢 フォーム 凄く素直で、それが音にも出ていて簡単な8ビートとてもいい感じに叩けていました!!突然のリクエストにもすぐ応用できてとてもセンスあるなーと思いました。オブラディオブラダを歌いながら叩いた時のドラムの物語の作り方、大袈裟に言うとあれが全てです。そこから曲に応じて色んなドラマを作っていき、それを引っぱって推進する役目がドラムです。まずはシンプルなパターンと、基本のスティック練習で、土台を作っていきましょう
 

自宅でできる基礎練習

〜揃えて欲しいもの〜

★スティック
大きく分けて、メープル ヒッコリー オーク の三種類の木の素材が有ります。
入門用としては、pearl社の110Hというヒッコリーのスティックをオススメしますが、しっくりくればなんでもOKです。実際に楽器屋さんに足を運んで、色々叩き比べてみましょう。店員さんに相談してみるのもよいと思います


★練習用パッド
自宅練習用として。
スタンド付きのもの
http://www.amazon.co.jp/dp/B000Y7LVQ6/ref=wl_it_dp_o_pC_S_ttl?_encoding=UTF8&colid=2F3ENJGHC7W7M&coliid=I3KHXB805ADUQE

消音効果の優れた練習パッド
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/77735/

実際のスネアと同じようにスナッピーをon off できます。メッシュなので、深夜早朝でも気兼ねなく練習できると思います

あとどうしても自宅でセットのような両手両足の練習をしたい場合、こんな方法もあります。僕も高校時代は似たような環境で練習していました。こちらのサイト参考にしてみてください

http://www.shellbys.com/entry/2015/08/12/213000_4

これら練習用のパッドの練習はあくまで体を慣らすための道具です。自宅で練習しつつ、本物の楽器にも触れる機会を作ってください。

スティック、練習パッドは通販でも購入できますが、できれば実際の楽器屋さんで自分の目と耳と感触で確かめてみましょう。近い所ですと、山野楽器ロックイン新宿 オススメです。品揃え豊富、店員さんは全員ドラマーです。 

★教則本

1、初心者のための ドラム講座 ゼロから始められるあんしん入門書
自由現代社編集部
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798219428/ref=ox_sc_act_title_1?ie=UTF8&psc=1&smid=AN1VRQENFRJN5


2、即・実践で使えるドラム・トレーニング 多彩なジャンルに対応した練習譜例が満載! (CD付き) (リズム&ドラム・マガジン) [楽譜]
坂田 稔 (著)
http://www.rittor-music.co.jp/books/10217116.htm

まずは、1の教則本を基本にすすめていきましょう


★メトロノーム
ヘッドホン端子が付いていて電池でうごくものであれば大丈夫です。
オススメのメトロノーム
TAMA ( タマ ) / RW30
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/201383/

安いものですと、
http://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/166212/


〜練習法〜

★フォーム
打つ時の基本姿勢です。練習台の打面は自分のおへそ位の高さ 肩の力を抜いてひじを上げたスティックの先が練習台の真ん中にくるように、練習台をセットしましょう。

★基礎練習

タップストローク
(アクセント以外の音を叩くストローク。連続してアクセントのある音を出す時には、手の甲を上に向けて手首を上方向に上げることでフルストロークの位置まで戻します。これを、アップストロークといいます。)
この動きを最初のうちは意識して叩いてみましょう。慣れてくれば体が覚えて、オートメーション化していきます。アクセントの音とアクセントの無い音を強調できるように、打ったスティックを極力低い位置で止めれるように練習しましょう

この動画参考にしてみてください

https://www.youtube.com/watch?v=xGTwA4pxQT4


アクセント
ダウン タップ アップ このストロークを駆使すると、リズムの中で自由にアクセントを入れれるようになります。

今日の練習は地味な練習ですが、この基礎があるのとないのとで、後から凄く差が出てきます。毎日一分でもいいのでスティックを持って遊び感覚でトライしてみましょう!!
このレッスンノートを書いたコーチ

あの、くるりのオリジナルメンバー!フリーのドラマーとして精力的に活躍中

もっくん ドラムの学校
森信行 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・大久保・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・幡ヶ谷・明...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta