音楽教室ドラム教室レッスンノート 左手の成長。

左手の成長。

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。

16分音符のアクセントをテーマに色々とアプローチしています。

2番目4番目の左手にアクセントを付けてみました。


初めてやると
拍が揺らいでしまいがちな部分ですが、この2つがしっかり叩けないと一拍の長さが理解出来ないのでかなり重要です。


拍をギリギリまで大きくとれるドラマーは一緒に演奏する人を安心させることが出来ます。
僕の場合はテンポにより6連符、9連符を感じたりする時もあります。
音符に数字を当てはめて、身体が覚えるようにやってみました。


よく言われる。

リズムは大きく感じながら演奏すると良くなると言われますが、細かい事が出来ないと相当なセンスと産まれ持った感覚が備わっていないとかなり難しく、

わからないままにやっても全く意味がないので、とにかく確実に出来るという自信をつける意味も含めて、
点で音をビシッと決められるようにしていきました。

苦手といってましたが、みんな苦手から始まる所です。

ガッツリ取り組めたら、かなり視野が広がりますよ!


担当している仕事にも対応出来るようになりますよー。
ドラマーがポシャったら変わりに叩いて出来る男になってください!
このレッスンノートを書いたコーチ

現役プロドラマーにして指導歴豊富!市民講座・小中学校でも好評のレッスン

レオ・リズムスクール
八島レオナ (ドラム)

池袋・秋葉原・南越谷・南流山・新八柱・大久保・松戸・柏・江古田・東久留米・上石神井・...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta