音楽教室ドラム教室レッスンノート 基本的な1つ打ち!

基本的な1つ打ち!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日はお疲れ様でした!

ドラムはどうでしたか?楽しんでもらえたでしょうか?

今回は基礎的な事を中心にやりました!

最初にセッティングです!
大事なのは、ペダルです!
椅子に座ってリラックスできる所にペダルをセッティングしてください。
脱力が大事ですよ!
スネア、ハイハット、バスドラ、この3点の場所が大事なので、自分でセッティングする時は、
今日の感じになる様にしてみてくださいね!

次にスティックの持ち方です。
人差し指の第一関節にスティックを乗せます。
そして、親指をスティックと平行にして二本の指でつまむようにします。
スティックのお尻を生命線に合わせて残り3本の指はスティックにそえます。
これが基本的なスティックの持ち方です!

この持ち方でスティックを振ります。
振り方は手首に紐がついたような感覚で上に上げていきます。
この時、スティックの先が割と下を向くようになります。
そして、そこからボールを投げる様な感じでショットします。
ショットした後はスティックをギュッと握ります。
これが基本的なスティックの振り方です。

この振る時はスティックが風を切る様な音が出る様に心がけます。
これはスティックのヘッドスピードが速いとなります。
これはスティックを上に上げてから手を開いて手をグーにする事が大事になってきます!
素振りをしてみて、スティックと手の仲を良くしてあげてくださいね!
ダンボールとかを打つ時もバシバシ風を切る音を出しながら叩いて下さいね!

この叩き方で8ビートもやりました!
8ビートを叩く時は、左手を大きく振りたい所なので、
左手が邪魔な時は右手を避けてやるようにします。
あくまでも、左手の邪魔はしない様に!
これが大事です!!

あとは足の踏み方です。
これはかかとを上げて叩きます。
かかとを中心にではなくてですよ!笑

グーっとためてためてー、ボン!と打ちます。
そして、踏む場所は割とペダルの真ん中辺りを踏みます。

全体的に、大きな音を出す様に心がけてくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta