音楽教室ドラム教室レッスンノート 基本的なスティックの動作!

基本的なスティックの動作!

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回はお疲れ様でした!!
けっこう基本的な事がメインでやってみましたが、
どうでしたでしょうか?
楽しんでいただけましたか?

今回やった事は、ほんと地味〜な事が多かったんですけど、
まず、スティックの握り方からやりました!
スティックを人差し指の第一関節に乗せます。
そして、親指をスティックと平行にし、二本の指でつまむようにします。
スティックのお尻を生命線に合わせ、残り3本の指はスティックにそえます。
これが基本的なスティックの持ち方です。

この持ち方でスティックを振っていくんですけど、
振り方は、
まず手首に紐がついている感覚でスティックを上にあげていきます。
そうするとスティックの先が割と下の方を向いている状態になります。
この時、脇があかないようにしてくださいね!
脇があくと、その分力が逃げてしまいます!
腕をあげきりましたら、
そこからボールを投げる様な感じでショットします。
この時、できれば手を開くような感覚で、
そして、指からスティックが離れないようにします。
ショットした後はスティックをギュッと握ります。
これが基本的な打ち方です。

多分この流れは右手の方がわりとやりやすいと思うんで、左手は右手の真似をしながらやってみてくださいね!

あと、足の踏み方ですね。
これは、ギューっとためてためてー、ボン!!っと打ちます。
文字にするとわかりにくいですね。
後ろに返ってくる力も使ってパワーを出す感覚です。
今回出来ていたので、慣れてきたらもっとバンバン叩けると思いますよ!!

この叩き方で8ビートもやりました。
「1、2、3、4」で右手を叩きます。
「1」で足を、「3」で左手を叩きます。
この「3」の時、左手を大きく振ってほしいので、
右手も一緒に高々と上にあげます。
そうする事によってしっかりと音を出す事がてきます!

今回の最後の方にはとってもいい音が出てました!

あ、それとフィルインもやりました。
文字にすると、
「ドンタンドンタン、ドンタンドンタン、ドンタンドンタン、タカタカトコトコ、トコトコドコドコ」
ってのをやりました。
わかりにくいー!!笑

これでも出来てました!叩いてる姿はとってもカッコ良かったですよ!

この感じでドラムに触れていってほしいなと思います!
このレッスンノートを書いたコーチ

森山直太郎のプリプロ経験も!小学校教諭を夢見た腕利きドラマー

フミナリドラム教室
河鰭文成 (ドラム)

苗穂・菊水・豊水すすきの

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta