音楽教室ドラム教室レッスンノート 出ている音が真実

出ている音が真実

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■音色の違いを楽しむ
スティックを変えることで、
音色の違いを聴いていただきました。
手順などの技術的な事柄に絡め取られると
ストレスが多く残ります。
ただ単純にスティックを変えるだけで得られる
変化ですので、気軽に取り組めます。

■右足を鍛える
四分音符を維持するのもかなり大変かと思います。
リズムとフィールを豊かに支えるイメージを持ちましょう。
音価と演奏の組み合わせは非常にシンプルですが、
いざ練習してみるとかなり難しいです。
テンポアップも可能ですし、演奏の基礎をさらに固めるのに
大変効果的です。

■右手アップダウン
8分音符の裏が曖昧になります。
振り下ろしのスピードとフィンガリングを上手く使いましょう。
力みは禁物です。

■遅いテンポでの演奏
勢いで演奏してしまわないようにしましょう。
大きく豊かに心地よい演奏を目指します。

■フィルインの布石
右足のトレーニングに加え、上半身のフレーズも練習しました。
これまでとの違いは、音量、振り上げ、
振り下ろしのスピードが増したことです。
音量だけではなく、音色が変化しました。
鳴り切ったドラムサウンドを経験していただきました。
左右の振りを揃える以外は、あまり考えず
「ストレス発散」と気軽に取り組んでください。

■出ている音が真実
体を動かすタイミングで考えるのではなく、
音が出ている瞬間が全てです。
1時間ほどのトレーニングで、サウンドが太く
安定したエイトビートが得られました。
重複しますが、体の動きでタイミングを取るのではなく、
生まれるサウンドでタイム感を出すようにしてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta