音楽教室ドラム教室レッスンノート ドラムレッスン

ドラムレッスン

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

序盤は基礎固め
やる気に合わせて、
かなりハイペースで進めていくので、
宿題はしっかりおさらいしてきてください。

音符の長さについて。
音符、休符は沢山書いておぼえましょう。
さらに付点や、アクセントなど、新しい記号にも触れていきましょう。

体幹系
両手8分両足八分
両手8分両足四分
両手8分両足四分裏
3種類 テンポ140

アクセント練習
14種類
ノーアクセントと、アクセントの打ち分けがまだまだです。
とりあえずここはかなり課題になります。
しっかり今のうちに鍛え上げていきましょう。
まずはテンポ50程度で良いので、
しっかりアクセント振り上げれてるか?
ノーアクセントの高さが左右3センチ以内で揃ってるか?
音符が滑らかか?
を意識しながらゆっくり練習。
メトロノームは16分で鳴らしても、矯正してくれるので良いです。
慣れてきたら、徐々に早く。
まずはテンポ100が綺麗に打てるように。
16分が3つ分アクセントになる4種類は、
右手と左手を分けて考える。
右手が八分なら、それを機械的に動かしてから、左手を足していく。

レッスンの進みが早いなと思ったら教えてください。
ペースは合わせます。
このレッスンノートを書いたコーチ

ロック~ファンクまで。即興演奏も!現場で培ったセンスをあなたも

クマちゃん☆・ドラムスクール
熊井勇介 (ドラム)

新大阪・芦原橋・天満・近鉄日本橋・本町・心斎橋・四ツ橋・鶴見緑地

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta