音楽教室ドラム教室レッスンノート シンプルに支える演奏

シンプルに支える演奏

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。
カルテ送信いたしますので、ご確認ください。

■セッティング
まず椅子の高さを決めます。少し膝が下がるくらいにします。
次にバスドラムとの距離を決めます。
右足と座った位置を基準にスネアドラム、ハイハットを
設置します。
長く座っていられる高さを、やや左に向いた角度に
正面を持ってくるようにします。

■右手の動き
四分音符をカウントして、それを基準に
「1と2と3と4と」と歌います。
その歌をそのままハイハットで演奏します。
1小節に8個の音が鳴り、8分音符を演奏できます。

■左手の動き
「2」と「4」にスネアドラムを演奏します。
曲を聴いた時に手拍子を入れたくなるところと
覚えましょう。

■右足の動き
「1」と「3」に演奏します。
太もも全体をすばやく上げ下げして、踏み込みます。
踏み終わった後はかかとを上げるとロックなサウンドが
得られます。

■曲と一緒に
曲を支える感覚を体験していただきました。
「1」にシンバルを演奏しました。
動作は同じでシンプルな演奏ですが、
多いに「音」を「楽」しめたかとおもいます。
このレッスンノートを書いたコーチ

難しく考えず“あなたの"理想の音を。ロックから吹奏楽バンドまで

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta