音楽教室ドラム教室レッスンノート ダウンアップストロークをよりよくするための練習

ダウンアップストロークをよりよくするための練習

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

・最初の連打練習ではシングルストローク(1つ打ち)とダブルストローク(2つ打ち)とパラディドル(1つ打ちと2つ打ちの組み合わせ)を止まらずに手順を入れ替える練習をしました。

・ダウンアップを使った8ビートを足のパターンを変えて練習しました。

・ダウンアップを使った2ビートの練習をしました。
2ビートの時は8ビートとは違って、アップストロークからダウンストロークに行く流れになります。

・ダウンアップストロークをよりよくするための練習
タムとスネアを使って前後しながらの練習を応用して、スネア内で前後、ハイハットとスネアでの前後、ハイハット内での前後で練習しました。
前後の動きだけでなく回転させる意識も入れて練習しました。
その際準備したポジションよりも引きながらアップストロークをしない様注意してみてください。

・久しぶりにサンバキックの練習をしました。
久しぶりでしたがスムーズな動きができていましたね!
このレッスンノートを書いたコーチ

兄は「ホルモン」のベーシストの音楽一家!愛嬌溢れるキャラは折り紙つき!

ドラム教室「明るく!楽しく!激しく!」
上原晃 (ドラム)

立川・八王子・吉祥寺・国分寺・西八王子・明大前・府中・聖蹟桜ヶ丘・北野・京王堀之内

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta