音楽教室ドラム教室レッスンノート フロアタム

フロアタム

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

フロアタムを叩く時にうまくいかないということでしたが、やはりリバウンドが少ないフロアタム自体にまだ体が慣れていないのがひとつ要因かなぁと思いました。

このページ参考になるので、東急ハンズや日曜大工屋でゴム板を買って練習してみるのも一つの方法です。普通の練習台でも同じく下にタオル敷くだけでリバウンドしない状態を作ることができます!

http://www.studio-lite.com/bannopad.htm

練習方法
左右のバランス 特に左手の筋肉がまだ付いていないのも一つの要因だと思います。左右のバランスを均等に。逆転の発想で、強い右手に左手を合わせるのでなく、弱い左手に右手を合わせるのもひとつの方法です。左右均等なバランスで16分音符が叩けるように練習しましょう。

八分              十六分
RRRR LLLL RRRR LLLL RRRR LLLL rlrlrlrl rlrlrlrl
1 2 3 4 2 2 3 4 3 2 3 4 4 2 3 4

これを曲のテンポ170〜180 くらいで低反発な状態で均等に叩けるように 左手からスタートするパターンも練習してみましょう

タムの移動の練習(十六分音符)

スネア タム  フロア
rlrlrlrl  rlrlrlrl  rlrlrl rlrlrl を曲のテンポで繰り返す

手が動くようになったら、楽器の移動も重要なポイントになります。地道なトレーニングですが、時間があればスタジオの個人練習でメカニカルなトレーニングだけやるのもいいと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

あの、くるりのオリジナルメンバー!フリーのドラマーとして精力的に活躍中

もっくん ドラムの学校
森信行 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・大久保・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・幡ヶ谷・明...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta