音楽教室ドラム教室レッスンノート 基礎練習の復習とドラムセットで初叩き

基礎練習の復習とドラムセットで初叩き

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

 レッスンお疲れさまでした!

基礎練習 揃えて欲しいものは、前回のレッスンノートを参考にしてみてください。

あと、今使っているスティックを楽器屋さんに持って行って、同じ型番で『ヒッコリー』のものを探してみてください。店員さんに聞くのが一番速いですが。オークは耐久性ありますが、慣れないうちは出音(特にシンバル)が鳴りすぎてキットのバランスが取りにくくなります。もしよければ!

自宅ではセットを叩けないので地道な練習になりますが、この基礎練習は絶対役に立つので、焦らずに
最後の音まではっきりと丁寧に叩いてみましょう!

ドラムパターン、見事に叩けていました! バンドでボーカルやってただけあって、大変耳とフィーリングが良いですね!! あと叩いてる姿が絵になる! これとても大事ですw 雰囲気が似てるドラマー 
detroit7の山口美代子ちゃんでした。かっちょいいバンドなので、もしよかったらチェックしてみてください。めっちゃ最高なドラマーです

ドラムセッティング
キックの左斜めを向いて、両足でスネアを挟み込むような体制を作ってみてください。スネアの高さは打面が自分のおへそくらい。ハの字に開いた腰が、扇の要のように。体の重心を腰でとれるようにポジションを工夫しましょう。姿勢 フオームが悪いと、後々体に凄い負担がかかってきます。脱力して自然に叩けるセッティングを

ハイハット
両手をクロスするためスティックがあたってしまうのはまず最初の疑問だと思います。解消法は、
◎右手を前後に逃がして左手のスティックが当たらないように
◎左手でスネアを入れる時に右手も振りかぶりアクセントを付ける
◎両手を近づけて叩く。これはレッスンで言い忘れていたので、こちらの動画参考にしてみてください!

https://www.youtube.com/watch?v=vL8MHCLId2U

キック
ロックではキックによりアタックが必要なので、まずはカカトは浮かしたまま、ビーターを打つ度に打面にくっつけて叩いてみましょう。他の奏法はまた先に紹介します。

ハイハットの音色
叩く場所、力、開け具合 など使いわけて様々な音色が出せるようになりましょう。これは全ての楽器にいえます。色んな絵が描けるように



 
このレッスンノートを書いたコーチ

あの、くるりのオリジナルメンバー!フリーのドラマーとして精力的に活躍中

もっくん ドラムの学校
森信行 (ドラム)

渋谷・代々木・新宿・吉祥寺・大久保・中野・高円寺・阿佐ケ谷・荻窪・西荻窪・幡ヶ谷・明...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta