サイタ音楽教室ドラム教室 大阪 PADドラムスクール レッスンノート ​================...

​================...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

​================
〜Rhythm Training〜
seecret baseの話題からリズムをわかりやすく描き直してみると1回やったことがあるパターンに激似でしたね!やっぱりポップスにはこういった表現が多くあります。確実にできるようにしましょう。けっこう難しいです。
ゴースト練習としてキックのパターンを固定してコーディネーションABCDをいれていきました。最後にやったのはもうちょっと応用した発展形です。かなり実際に演奏でよく出てくるようなゴーストのパターンですから覚えて使ってください。
このレッスンノートを書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

新着レッスンノート

ペダルのコントロールトレーニングでした。 足の練習は特別に感じるかもしれませんが、手で一回やってみるとイメージ掴めるかもしれません。 基本はまずウラから入るH(ヒール)T(トゥ)。 手で16分のアップダウンやるときのウラから入る感じと似ています。アップの部分はあまり考えない。ダウンのとこ...

ダブルストロークを使ったフレージング。 ハイハットで入れるパターンを中心にレクチャーしました。 今回教えたタイミングがおいしく使えるところなので練習してモノにしましょう。 練習フレーズは16分音符と32分音符でやってください。手は常に16でオルタネイトで動かすことを意識します。

気分を変えて新しい課題曲にチャレンジ! Bruno MarsのUpTown Funk(short ver.)でした。 曲はこちらからダウンロードしてください。 https://www.dropbox.com/s/p0kah1o6q2ocsjr/0612%20UpTown%20Funk...

Bruno Marsシリーズ。 Uptown Funkはいいかんじ。何回かやっていくと音も大きくなってフィルも出始めましたね。ビビらずにガンガンやってみましょう。 後半でMarry Youでした。4way系のちょっと難しいパターンですが、ドラム的なフレージングなのでしっかり覚えましょう。

手を早く動かすための練習をしました。パッドでできるトレーニングフレーズを毎回紹介していくので飽きないように短い時間で集中して練習してみましょう。 とにかく走るのと一緒でやらないと速くなりません。 手が動くとできる曲が広がるのでまずはそこから目標を作って取り組みましょう。

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta