サイタ音楽教室ドラム教室 大阪 PADドラムスクール レッスンノート ​=============〜...

​=============〜...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

​=============
〜Stick Control〜
みっっっっちりと2時間スティックコントロールでした。ヒジの動きとか手首の柔らかさとかってめちゃくちゃ関係してくるのでちょっと気にしてみてください。言葉で言っても限界があるので僕と一緒にできる時は鏡で自分のフォームを見ながら僕のフォームも見てマネしてみましょう。グリップやヒジが出るタイミングしまうタイミング、手首の柔らかさや指のポジション開き具合、、、色々あります。感覚はちょっと掴めてたみたいなので忘れないうちに練習してください。ダブルストロークはドラムの中で必須テクニックですからしっかりできるようにしましょう。今回教えた方法のダブルストロークができるようになるということは脱力できてきているということです。結果的にダブルストロークできることでリバウンドのことや腕の振りなど他のとこも上達することになるので基礎練習は全部繋がってると思っててください。
このレッスンノートを書いたコーチ

ファンクやインストも!一つの疑問も超丁寧に答えてくれるから厚い支持

新着レッスンノート

ちょっと新しい曲やってみる?ということでワンオクのBeginningにチャレンジ。 前覚えた完全感覚Dreamerのイントロに似てるけど割り方が違います。 こうやって一定のテンポ(4分音符)の中にもう一つ一定のリズムが混在してる状態をポリリズムと言います。 音楽には必要不可欠な表...

ペダルの調整してみましょう~! 挟む幅が毎回ドラム毎に違うので、調べたところガクガクだったりキツすぎるのを繰り返すとヒンジの部分に負荷がかかってバカになるそうです。 ダブル系の練習はペダル使わずにまず床でイメージするのもいいと思います。 あとけっこう大事なのは骨の構造。 こんなかん...

ペダルのコントロールトレーニングでした。 足の練習は特別に感じるかもしれませんが、手で一回やってみるとイメージ掴めるかもしれません。 基本はまずウラから入るH(ヒール)T(トゥ)。 手で16分のアップダウンやるときのウラから入る感じと似ています。アップの部分はあまり考えない。ダウンのとこ...

ダブルストロークを使ったフレージング。 ハイハットで入れるパターンを中心にレクチャーしました。 今回教えたタイミングがおいしく使えるところなので練習してモノにしましょう。 練習フレーズは16分音符と32分音符でやってください。手は常に16でオルタネイトで動かすことを意識します。

気分を変えて新しい課題曲にチャレンジ! Bruno MarsのUpTown Funk(short ver.)でした。 曲はこちらからダウンロードしてください。 https://www.dropbox.com/s/p0kah1o6q2ocsjr/0612%20UpTown%20Funk...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta