サイタ音楽教室ドラム教室 東京 もっくん ドラムの学校 レッスンノート レッスンお疲れさまでした!!...

レッスンお疲れさまでした!!...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れさまでした!!

今日の課題曲はテンポが速すぎず、遅すぎず、ハイハットを四分で刻むか八分で刻むか迷いどころですね

このさい、せっかくなんで両方できるようになりましょう。少し時間かかるかもしれませんが、両方叩けるようになると今後、色んな曲でバリエーションが増えていくと思います!

今回はイントロからAメロにかけてのパターンでした。このリズムパターンは、よく聴くとギターのイントロのフレーズに反応して叩かれているのがわかりますか? リズムパターンでアタマが一杯一杯になったら、ギターのフレーズを思い出しながら叩いてみましょう!

★ハイハット四分
キックの八分音符連打、八分裏のキックに右手がつられないように。右手は恒に四分をキープです。
どうしてもつられる場合はごくごくゆっくりのテンポから始めて、ハット スネア キックの重なりと休符(重ならない場所)を意識して叩いてみましょう。慣れてきたら体が勝手に動くようになります。大きなノリを出す事ができます。

★ハイハット八分
これには叩き方が2パターンあります。
まずはアップストロークで、スティックをバウンドさせて引く力で刻む奏法。ハイハットのアクセントが無くなり均一に八分音符を鳴らすことができるようになります。軽快でストレートなノリになります。
次がダウンとタップを混ぜる奏法です。八分で叩いていながら四分音符が強調されるので、軽快さとどっしりさを同居させることができます。
基礎の基礎 もう一度振り返って思い出してみましょう。イメージはダウンアップ ダウンでスティックの腹でハットの横を叩き、アップでスティックのチップをハットのトップに当てる。この繰り返しです。ダウンで手の平の付け根を叩き、アップで指先で叩く。アップの時は猫招きの如く手首と腕を上手に使いましょう。

★足のダブル
フットペダルの踏む場所を工夫してみましょう。キックの鋭さには姿勢も重要です。切れ味するどく行きたいときには、背筋をピンと伸ばすとよいですよ。

このレッスンノートを書いたコーチ

あの、くるりのオリジナルメンバー!フリーのドラマーとして精力的に活躍中

新着レッスンノート

今回は夕暮れを最初から最後まで叩いて苦手な部分を集中して練習しました ☆クラッシュシンバル  キックと全く同時に鳴らせるように練習しましょう! 少しでもズレるとしっかりしたシンバルサウンドが出せません。タイミングよく叩いて場面転換できるように 怖がらずはっきりと叩きましょう ☆体...

今回は教則本に沿って、スティックの握り方、基本フォームを確認しました ドラムを叩く前に、スティックのコントロールの練習は不可欠です まずは手から 追って足、全身がイメージ通り動かせるようになるように基礎練習をしっかりしていきましょう! ★四つのストローク ドラムは音程がない分、強...

体験レッスンお疲れさまでした!! 音楽愛ひしひしと伝わってきました! お仕事でやられていることと、ドラム叩くことにはたくさんの共通項がありそうです 概念的に哲学的に理解出来ているということは、それだけでも大変大きなアドバンテージがあると思います!! あとはしっかりと基礎練習...

体験レッスンお疲れさまでした 入会ありがとうございます!! リンダリンダはパターンはシンプルですが、なんせテンポが速い!  手足がしっかり動くことが前提の曲なので、日頃の個人練習も大事です しっかりと練習していきましょう 今日やった事のおさらい ☆スネアの高さ 目安は自...

基礎のリズムパターンは以前より凄く上手く叩けていました!  あとは三連符と十六分音符のチェンジアップがうまく切り替えられるようになるとばっちりです! 各音符を正確に叩けると、前回やったようなセットのパターンでの応用が効くようになります。 はっきり 丁寧に 最後の音符まで 地道に頑張り...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta