サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 今回もペダルの踏み方をじっくりと練...

今回もペダルの踏み方をじっくりと練...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回もペダルの踏み方をじっくりと練習していきました。

ペダルの先で動いているものを「ビーター」と呼びますが、そのビーターの動きを見ていくことが大事です。
毎回踏むごとにキチンと「レディ・ポジション」にビーターを戻し、そこから膝を上げていきますが、この瞬間からビーターが打面に当たるまでは、ビーターの動きは一瞬たりとも止めたりしません。
途中で動きを止めてしまうと、ビーターの勢いが無くなってしまい、結果として大きな音が得られなくなってしまいます。

レッスン中に何回もキチンと踏めている時があったので、あとはトライ&エラーを繰り返していけば要領が掴めるはずです。
要領が掴めたら、ビーターの動きから目を離してみて、同じように踏める練習をしてみて下さい。
これからは、更に左手や左足も見ていかなくてはいけません。
慣れてきたら左手を気にしつつ右足も見ている…というようなことも出来てくるはずです。
頑張って練習していきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

前回練習した「両手にアクセントが混在するパターン」を発展させていきました。 前回はアクセント部分をタム、フロアタムへと移動させましたが、今回アクセント部分はクラッシュ・シンバルを叩きます。 手順はオルタネート(右左〜)です。前回のタム、フロアタムの時は両足を四分音符でキープしてもらいま...

初回レッスン、お疲れ様でした。 体験レッスンの時にチャレンジして頂いたリズムパターンのおさらいから始めていきました。 右手を刻みを等間隔で並べていき、その刻みに番号をふっていきます。その番号に右足・左手・左足を合わせていくようにしてもらいました。 各手足の動きを右手と一緒にする事で「...

課題曲の演奏をチェックしていきました。 ここまで頑張って練習されてきた中で、苦手なポイントは絞られましたね。 まずは、右足が十六分音符のパターンの小節です。ここでは左手がしっかりと叩けず、リズムが不安定になってしまうという点です。 右足で十六分音符を入れてから左手のスネアドラムが...

前回のレッスン最後に練習した「アクセントが両手に混在しているパターン」のおさらいから始めていきました。 このパターンは全てが八分音符で構成されていて、アクセントが一打・ノーアクセントが二打で一つの区切りが出来ています。このように一拍(八分音符二つ)と更にその一拍の半分(八分音符一つ)で構...

体験レッスンお疲れ様でした! まずは、スティックの持ち方とペダルの踏み方などを説明させて頂きました。これらはとても大事な点なので、これからもレッスン中に説明をさせて貰いたいと思います。 シンプルなリズムパターンにチャレンジして頂きました。一番演奏・練習しやすい八分音符を使ったリズム...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta