サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 今回もペダルの踏み方をじっくりと練...

今回もペダルの踏み方をじっくりと練...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回もペダルの踏み方をじっくりと練習していきました。

ペダルの先で動いているものを「ビーター」と呼びますが、そのビーターの動きを見ていくことが大事です。
毎回踏むごとにキチンと「レディ・ポジション」にビーターを戻し、そこから膝を上げていきますが、この瞬間からビーターが打面に当たるまでは、ビーターの動きは一瞬たりとも止めたりしません。
途中で動きを止めてしまうと、ビーターの勢いが無くなってしまい、結果として大きな音が得られなくなってしまいます。

レッスン中に何回もキチンと踏めている時があったので、あとはトライ&エラーを繰り返していけば要領が掴めるはずです。
要領が掴めたら、ビーターの動きから目を離してみて、同じように踏める練習をしてみて下さい。
これからは、更に左手や左足も見ていかなくてはいけません。
慣れてきたら左手を気にしつつ右足も見ている…というようなことも出来てくるはずです。
頑張って練習していきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

今回もレッスン開始10分程度をセッティングのアドバイスに充てました。 前回のキックペダルに続き、今回は「スネア・スタンド」の調整です。 スネアドラムはドラムを演奏する時間の中で叩く頻度がかなり高い楽器ですので、自分の叩きやすいようにセットしてあげたいですね。 慣れるまではスネアドラム...

課題曲の練習を進めていきました。 楽曲のCセクションまでのパターンやフレーズを確認し、テンポを落として演奏していきました。 前回のレッスンで練習した「フラム・ショット」と「シンバル・チョーク」を確認。「フラム・ショット」は本音符と装飾音符をどちらの手で演奏するのかを予め決めておきましょ...

課題曲の練習を進めていきました。 特別に難しいフレーズなどがある訳ではないこの楽曲ですが、演奏しにくさがあるとしたら、それは「八分ウラ」をキープしなくてはいけない・・・という点です。 右手の八分ウラ打ちは苦手な方が多いですが、これくらいテンポのゆっくりな楽曲から練習を始めていけば、すぐ...

今回は、レッスンの前に「ドラムのセッティング」に関しての説明に少し時間を割いてみました。お一人でスタジオでの練習に行った時に、セッティングをどうしたら良いのかが分からない・・という事があるかも知れません。そのような事が無くなるように、これから少しずつセッティングについてのアドバイスもさせて頂き...

今回から新しい課題曲の練習を始めていきました。 まずは譜面の進み方と新しく出てきた記号などのチェックから・・・譜面の進み方は、そこまでややこしい箇所はありませんね。 今回、新しく出てきた記号は二つです。一つ目は、本音符の横に小さな音符が書かれているものです。これは「フラム・ショット...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta