サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 今回もペダルの踏み方をじっくりと練...

今回もペダルの踏み方をじっくりと練...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回もペダルの踏み方をじっくりと練習していきました。

ペダルの先で動いているものを「ビーター」と呼びますが、そのビーターの動きを見ていくことが大事です。
毎回踏むごとにキチンと「レディ・ポジション」にビーターを戻し、そこから膝を上げていきますが、この瞬間からビーターが打面に当たるまでは、ビーターの動きは一瞬たりとも止めたりしません。
途中で動きを止めてしまうと、ビーターの勢いが無くなってしまい、結果として大きな音が得られなくなってしまいます。

レッスン中に何回もキチンと踏めている時があったので、あとはトライ&エラーを繰り返していけば要領が掴めるはずです。
要領が掴めたら、ビーターの動きから目を離してみて、同じように踏める練習をしてみて下さい。
これからは、更に左手や左足も見ていかなくてはいけません。
慣れてきたら左手を気にしつつ右足も見ている…というようなことも出来てくるはずです。
頑張って練習していきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

課題曲の練習を進めていきました。 楽曲のリズムパターンは良い感じで仕上がってきていますね。 左手の細かな音符が入る部分が少し不安定だったので、ここに時間を割いていきました。 忘れないで頂きたいのは、右手の八分ウラのアクセントも左手の十六分音符も、ハイハットのオープン・クローズも全...

課題曲の練習を進めていきました。 譜面を見ていくと、セクションの中だけでもkickがイレギュラーに演奏されていて、これを全て覚えていくのは大変ですね。 なので、各セクションの土台となるパターンを定めて、そのパターンを中心にしてアクセントやキメの箇所を覚えていくようにするのが良いと思いま...

課題曲の練習を進めていきました。 各パターンが形になってきましたね。左手の細かな音符、ハイハットのオープン・クローズなどが、何も考えずに演奏出来るようになってきています。 各パターンの出音を頭の中に取り込み、それを口で歌えるようになると頭から身体への命令もスムーズになるはずです。 ...

前回から始めた新しい楽曲の練習を進めていきました。 イントロ部分から練習を進めていきましたが、まずは一小節ずつ丁寧に練習をして、次の小節と繋げられるようにしていきました。 譜面の音符ばかり読もうとすると、シンプルなパターンやフレーズも難しく感じてしまう事があります。そんな時は音源を...

今回から楽曲の練習を始めました。 敢えて事前に曲名やアーティストをお知らせせずに、全く知らない状態からのスタートをしてもらいました。 ですが、楽曲のテンポはゆっくりですし、楽曲の大半の部分を問題無く演奏出来ると確信していました。 今回の楽曲で注意して頂きたいポイントは「音源より速...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta