サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習を進めていきました。...

課題曲の練習を進めていきました。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

二回目のサビ以降の展開を練習しましたが、ここはやることが多いですね。各パターンを覚えることが大事ですが、それが出来たら各パターンを繋げる練習をしないといけません。
この「パターンの繋ぎ目」の練習はとても大事ですので、何回も繰り返し演奏してみて下さい。

練習の最中に止まってしまうことが多いのが少し気になりました…独りで演奏する場合はミスをしても良いので思いきり演奏するようにしてみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

課題曲の練習を進めていきました。 今回も、ここ数回のレッスンで練習している「身体の動きを同調させる」という課題をチェックしながら進めていきました。 各手足で複数の音を重ねる事が多いドラムの演奏ですが、「4本の手足をバラバラに動かしていく」という感じではなく、動き出しのタイミングや各手足...

前回練習した「1.4.6」のパターンを少し発展させてみました。 レッスンの中で「シンコペーション」という言葉を使いました。これは、通常「強拍、弱拍」の順で並んでいるサイクルを意図的に変える事を意味しています。 同じサイクルがずっと続いていては、リズムは単調になってしまいます。その流れを...

課題曲の練習を進めていきました。 前回練習した各小節のおさらいをして、それらを繋げていく練習をしました。 前回も言いましたが、楽曲中に出てくる音符が多彩なので各音符をキチンと叩き分けることに意識を向けましょう。 その練習には「メトロノーム」が役に立ちます。現在レッスンで使用してい...

久し振りのレッスンでした。課題曲も新しいものを選んで頂きました。 まずは、譜面を読んでいく作業からスタートしました。 今回の楽曲はテンポがゆっくりな分、その中で使われる音符が多彩ですね。六連符や三十二分音符が多く使われていますので、これを機に音符の知識を付けていきましょう。 レッ...

課題曲の練習を進めていきました。 オリジナルの音源の速さで練習されていたと思いますが、演奏しながらテンポについて行けない感じがあったのではないかと感じました。 何故、そう感じたかと言いますと、少しゆっくりなテンポで演奏した時のリズムパターンの完成度がまだ100%ではないように聴こえたか...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta