サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 今回が初回レッスンということになり...

今回が初回レッスンということになり...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回が初回レッスンということになります。

まずは、ご自身が課題とされている「テンポ・キープ」についてのアドバイスをさせて頂きました。
リズム・パターンやフィルなどでのテンポ・キープには、ある程度の「音符の理解度」が必要となります。音符や拍の長さを理解していないと、クリックのどの音に自分の音を合わせて良いかが分からなくなってしまいます。
クリックの扱い方も知っておかないといけませんね・・・スタジオでレンタル出来ると思いますので、まずはシンプルに四分音符で鳴らしてみて、それに合わせてリズムやフィルを演奏してみて下さい。

その後に「チェンジ・アップ」という練習にトライしてもらいました。一定のテンポでクリックを鳴らして、それに合わせて「四分音符、八分音符、十六分音符」を叩いていくものです。
今回は音符は三種類でしたが、慣れてきたら更に「三連符や二拍三連、六連符」なども取り入れていきます。
この練習の時にクリックに合わせるのは勿論大事なのですが、それと同時にスティックの振り方にも気を付けてもらいたいと思います。
なるべく出音が均等になるように集中して練習に取り組んでみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

初回レッスン、お疲れ様でした。 体験レッスンの時にチャレンジして頂いたリズムパターンのおさらいから始めていきました。 右手を刻みを等間隔で並べていき、その刻みに番号をふっていきます。その番号に右足・左手・左足を合わせていくようにしてもらいました。 各手足の動きを右手と一緒にする事で「...

課題曲の演奏をチェックしていきました。 ここまで頑張って練習されてきた中で、苦手なポイントは絞られましたね。 まずは、右足が十六分音符のパターンの小節です。ここでは左手がしっかりと叩けず、リズムが不安定になってしまうという点です。 右足で十六分音符を入れてから左手のスネアドラムが...

前回のレッスン最後に練習した「アクセントが両手に混在しているパターン」のおさらいから始めていきました。 このパターンは全てが八分音符で構成されていて、アクセントが一打・ノーアクセントが二打で一つの区切りが出来ています。このように一拍(八分音符二つ)と更にその一拍の半分(八分音符一つ)で構...

体験レッスンお疲れ様でした! まずは、スティックの持ち方とペダルの踏み方などを説明させて頂きました。これらはとても大事な点なので、これからもレッスン中に説明をさせて貰いたいと思います。 シンプルなリズムパターンにチャレンジして頂きました。一番演奏・練習しやすい八分音符を使ったリズム...

前回のレッスンで練習した課題のチェックから始めていきました。 アクセントが両手に混在するパターンです。まずは片手ずつ、どのストロークがどう繋がっていくのか…を理解してしまう必要があります。 右手のストローク、左手のストロークを理解したら、いきなり一小節全て演奏するのではなく、一拍ずつ腕...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta