サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 今回が初回レッスンということになり...

今回が初回レッスンということになり...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回が初回レッスンということになります。

まずは、ご自身が課題とされている「テンポ・キープ」についてのアドバイスをさせて頂きました。
リズム・パターンやフィルなどでのテンポ・キープには、ある程度の「音符の理解度」が必要となります。音符や拍の長さを理解していないと、クリックのどの音に自分の音を合わせて良いかが分からなくなってしまいます。
クリックの扱い方も知っておかないといけませんね・・・スタジオでレンタル出来ると思いますので、まずはシンプルに四分音符で鳴らしてみて、それに合わせてリズムやフィルを演奏してみて下さい。

その後に「チェンジ・アップ」という練習にトライしてもらいました。一定のテンポでクリックを鳴らして、それに合わせて「四分音符、八分音符、十六分音符」を叩いていくものです。
今回は音符は三種類でしたが、慣れてきたら更に「三連符や二拍三連、六連符」なども取り入れていきます。
この練習の時にクリックに合わせるのは勿論大事なのですが、それと同時にスティックの振り方にも気を付けてもらいたいと思います。
なるべく出音が均等になるように集中して練習に取り組んでみて下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

課題曲の練習を進めていきました。 前回レッスンで練習したリズム・パターンのおさらいから始めていきました。右手の刻みの間に細かな左手での十六分音符が入るパターンですが、だいぶ良い感じで演奏出来るようになっていましたね。 大事なのは、左手が入っても今までの右手の動きが変わらないという点です...

アクセントが両手に混在するパターンの練習を続けていきました。 前回まで練習していた一小節パターンから二小節1パターンにしてみました。「3.3.3.3.4」というように、八分音符3つが一つのまとまりになっていて、最後のまとまりだけ数合わせのため八分音符4つになっています。ここで、まず取り組...

練習していた課題曲の仕上げをしていきました。 土台となるリズム・パターンはしっかりと演奏出来ていましたので、あとは曲中にイレギュラーで出てくるフレーズを演奏出来れば・・・というところでした。 曲中の何処の部分でどんなフレーズが演奏されているのかを覚えないといけませんから、こちらは音源を...

前回練習したパターンのおさらいから始めていきました。 パターンの演奏は大丈夫そうでしたので、前回時間を割いたペダルの踏み方とクラッシュ・シンバルの叩き方の確認もしてみました。こちらは、実際の楽器を叩いて良い感覚を掴まないといけません。良い感触を得られるまで、繰り返し練習して下さい。 ...

課題曲の練習を進めていきました。 楽曲の土台となっているパターンなどは大丈夫そうですので、更に細かなフレーズなどを練習していきました。 とは言っても、サビ中のメロディに合わせてアクセントを演奏する部分以外は、大体大丈夫でした。 あとは、どの部分でどんなフレーズが演奏されているのかとい...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta