サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 今日は体験レッスンでしたので、軽く...

今日は体験レッスンでしたので、軽く...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今日は体験レッスンでしたので、軽く演奏してもらい身体の使い方を見させて頂きました。
長くドラムを続けられているので、基本的なリズムは問題ありませんでした!

ご本人が課題としているダブル・ストロークを中心にレッスンを進めてみました。
ダブル・ストロークを習得するには、スティックをキチンとコントロール出来ないといけません。
正しい身体の動かし方を確認しながら練習を続けることが大事だと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

前回の楽曲の練習が終わりましたので、またエイトビートの練習を再開しました。 これまでに練習してきたパターンは右足を二連発で踏んでもらってきましたが、今回は初心に戻り右足一発です。 まずは、これまで通り両手をしっかりと動かしていきましょう。右手はキチンと等間隔で八分音符を刻んでいき、左手...

課題曲の練習を進めていきました。 オリジナルのテンポの0.9倍速で演奏してもらいました。だいぶ音源に耳が向くようになってきたと思います。音源からズレていくことも少なくなりました。 音源のどのパートの音を聴くか・・・ということなのですが、練習する過程によって違うかも知れません。ドラム...

今回から新しい課題曲の練習を始めました。 楽曲的にはバラードですね。ゆったりとしてテンポをキープしてまま、そのグルーヴの中にフレーズをフィットさせながら演奏出来るようにしましょう。 譜面の進み方に注意しないといけませんが、楽曲の構成を覚えてしまえれば譜面は見る必要ありません。何回か...

前回のレッスンで練習した楽曲の仕上げの演奏をしました。 音源通りのベーシックな演奏は出来ていましたので、更に実践編として通常の演奏に必要な要素プラスしていきました。 まずは、セクションの変わり目などに叩くクラッシュ・シンバルを追加していきました。 変わり目だけでなく、例えば八小節...

今回もドラムのセッティングのアドバイスさせて頂きました。 セッティング中の姿勢なのですが、出来るだけ身体に負担の無い姿勢で行うようにして下さい。特に、スネアスタンドなど低い位置にナットがあるスタンドに関しては、腰を落として行うのが良いかと思います。 まずはスタンド類の構造を知る事ですね...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta