サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習を進めていきました。...

課題曲の練習を進めていきました。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

曲の途中に出てくる大きなフィルを中心に練習をしていきました。フィルを練習する時は、手順と叩く楽器を決めることが大事です。それと、フィルが演奏出来たら、その前後にリズム・パターンを組み合わせて練習するのを忘れないで下さい。

レッスンの最後に音源に合わせて演奏してもらいましたが、とても良い感じで演奏出来ていました!
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

前回練習したパターンのおさらいから始めていきました。 4小節1区切りのパターンでした…1小節目のアタマにクラッシュ・シンバルを叩きリズムがスタート、2・3小節目はそのままリズムパターンを演奏し、4小節目が各タイコ2発ずつ叩いていくフレーズを演奏…また1小節目に戻るというものでしたね。 ...

前回の課題の確認から始めていきました。 アクセントが両手に混在する二小節一パターンのフレーズ、そのアクセント部分をクラッシュ・シンバルにして演奏してもらいました。 この課題の難しさは、四分音符でキープしていた右足をアクセント部分のクラッシュ・シンバルに付いて行かせることで、左足との連携...

前回練習したパターンのおさらいから始めていきましたが、スムーズに演奏出来ていましたので、次のパターンの練習を始めていきました。 右足を踏む回数を増やしていきました…これからしばらくは、右足を八分音符の全ての箇所に入れていけるように練習をしていきます。今回は右手の番号の「1と4と5」に右足を重...

久し振りのレッスンでしたので、前回までに練習していたパターンを思い出すところから始めていきました。 右手の刻みに番号をふり、そこに右足・左手を合わせていきます。右足は番号の「1と5」、左手は「3と7」でしたね。 右手は常に等間隔で刻み、右足と左手が交互に鳴っていく感じです。 クラッシ...

今回が初回レッスンとなりました。体験レッスンでもしっかり演奏出来ていたので、レッスンスタートを僕も楽しみにしていました。 今日は、体験レッスンで演奏してもらったリズムパターンを発展させていきました。 右手の刻みをハイハット・シンバル(左足でコントロールする合わせシンバル)と、右手側のライ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta