サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習を進めていきました。...

課題曲の練習を進めていきました。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

曲の途中に出てくる大きなフィルを中心に練習をしていきました。フィルを練習する時は、手順と叩く楽器を決めることが大事です。それと、フィルが演奏出来たら、その前後にリズム・パターンを組み合わせて練習するのを忘れないで下さい。

レッスンの最後に音源に合わせて演奏してもらいましたが、とても良い感じで演奏出来ていました!
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

課題曲の練習を進めていきました。 譜面を見ていくと、セクションの中だけでもkickがイレギュラーに演奏されていて、これを全て覚えていくのは大変ですね。 なので、各セクションの土台となるパターンを定めて、そのパターンを中心にしてアクセントやキメの箇所を覚えていくようにするのが良いと思いま...

課題曲の練習を進めていきました。 各パターンが形になってきましたね。左手の細かな音符、ハイハットのオープン・クローズなどが、何も考えずに演奏出来るようになってきています。 各パターンの出音を頭の中に取り込み、それを口で歌えるようになると頭から身体への命令もスムーズになるはずです。 ...

前回から始めた新しい楽曲の練習を進めていきました。 イントロ部分から練習を進めていきましたが、まずは一小節ずつ丁寧に練習をして、次の小節と繋げられるようにしていきました。 譜面の音符ばかり読もうとすると、シンプルなパターンやフレーズも難しく感じてしまう事があります。そんな時は音源を...

今回から楽曲の練習を始めました。 敢えて事前に曲名やアーティストをお知らせせずに、全く知らない状態からのスタートをしてもらいました。 ですが、楽曲のテンポはゆっくりですし、楽曲の大半の部分を問題無く演奏出来ると確信していました。 今回の楽曲で注意して頂きたいポイントは「音源より速...

現在練習されている楽曲のアドバイスをさせて頂きました。 楽曲のオープニングで聴かれるのは、スネアのバックビートが2・4拍目からズレている「スリップ・ビート」と言われるパターンです。 左手が思い通りに動かせないと上手く演奏出来なかったりしますが、この左手でのスネアは大丈夫そうでしたね。 ...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta