サイタ音楽教室ドラム教室 東京 FREEDOMドラムスクール レッスンノート 課題曲の練習を進めていきました。...

課題曲の練習を進めていきました。...

ドラム教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

課題曲の練習を進めていきました。

曲の途中に出てくる大きなフィルを中心に練習をしていきました。フィルを練習する時は、手順と叩く楽器を決めることが大事です。それと、フィルが演奏出来たら、その前後にリズム・パターンを組み合わせて練習するのを忘れないで下さい。

レッスンの最後に音源に合わせて演奏してもらいましたが、とても良い感じで演奏出来ていました!
このレッスンノートを書いたコーチ

受講者の喜びの声多数!日本唯一の打楽器教育機関で指導を学んだベテラン

新着レッスンノート

今回もドラムのセッティングのアドバイスさせて頂きました。 セッティング中の姿勢なのですが、出来るだけ身体に負担の無い姿勢で行うようにして下さい。特に、スネアスタンドなど低い位置にナットがあるスタンドに関しては、腰を落として行うのが良いかと思います。 まずはスタンド類の構造を知る事ですね...

本日は体験レッスンでしたので、シンプルなリズムパターンにトライして頂きました。 演奏の前に、スティックの持ち方やイスへの座り方、ペダルの踏み方などを説明させて頂きました。慣れるまで一つずつ確実にクリアしていけるようにしましょう。 エイトビートの代表的なパターンを演奏してもらいました...

課題曲の練習を進めていきました。 楽曲のテンポを少し落とした上で(0.9倍速)、音源に合わせて演奏してみました。135×0.9=121.5という速さです。 まずは1回目のサビが終わる部分まで(譜面のEセクション)を確認していきました。ここまでの流れがしっかり演奏出来れば、その後の展...

課題曲の仕上げを行いました。 楽曲のパターンはそこまで難しい感じではありませんので、他の部分で気が付いた点に対してアドバイスをさせて頂きました。 まず、演奏中の左足ですが、ずっと「つま先立ち」のような状態になってしまっていたので、出来るだけかかとをペダルにつけられるように意識しても...

課題曲の練習を進めていきました。 今回はオリジナル音源より少しだけ遅いテンポ(0.9倍速)の音源に合わせて演奏していきました。 音源に合わせて演奏するのは、これまで何回もしてきてもらった事ですね。 ですが、今回の楽曲のテンポがこれまでの楽曲に比べて速いので、そこに少し苦戦している...

レッスンノート ページ先頭へ

ドラム情報

サイタのドラム講師がブログを通して、ドラム情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

ドラムの先生

@DrumCyta